引っ越しでありがちなトラブルとは?

 

引っ越しでありがちなトラブルとは?引越しに関わるトラブルはいろいろなものがあります。

 

引越しを決めてから終わるまでの期間の中で、早い段階でのトラブルとしては、たとえば見積もりに来た業者が段ボール箱を置いていき別の業者と契約したら段ボール箱代を請求する、というようなものです。

 

契約が確定していない段階で段ボール箱を受け取ってはいけません。

 

またキャンセルをしたときに発生するトラブルもあります。

 

キャンセル

キャンセルについては約款にきちんと書かれているので、これを確認すればそのようなトラブルは避けられます。

 

しかし約款が無ければお話になりません。

 

約款を提示しない、きちんと見積もりを提示しない、というような業者は、契約内容を明確にしていないのと同じですから論外です。

 

このような業者は早い段階で避けるべきです。

 

現場の下見をきちんとしなかったために、荷物の量だけでトラックの大きさを決めたら、そのトラックが路地に入れなかった、というようなトラブルもあります。

 

ですから現場をきちんと見てもらって見積もりを出してもらうことは大切です。

 

 

 悪質業者については、トラックのナンバープレートで分かる場合もあります。

 

引越し業者は「一般貨物自動車運転事業者」であれば緑のナンバープレート、「軽貨物自動車運送事業者」であれば黒のナンバープレートを付けています。

 

白や黄色のナンバープレートだったら、無許可の業者ですから、そういうところに頼んではいけません。

 

ただし例外的に白いナンバープレートを付ける場合もあるようですが、陸運局の許可証を持っているはずなので、見せてもらえば分かります。

引っ越しでありがちなトラブルとは?

TOPへ