入社・転勤が決まった時に。引っ越し業者はどこがいい?

 

入社・転勤から引っ越し業者はどこがいい?入社や転勤に伴う引越し、すなわち仕事上の理由による引越しは、だいたい20代の若いころと50代にピークがあります。前者は入社時、後者は転勤時のものが多いと考えて良いでしょう。どういうわけか、特に近年は、50代の男性の転勤による引越しが多いようです。

 

これらの引越しの特徴は「時期を選べない」ことでしょう。引越しが多いのは3月中下旬から4月上旬で、この時期は引越し料金が高いのでできれば避けたいのですが、入社や転勤であれば避けることができません。入社時の転居は普通、単身者です。収入がないうちの高額の出費は、かなりつらいはずです。

 

そういう時には、オプションを重視せず、できることは自分で行い、荷物はできるだけ少なくし、安い引越し業者を頼むことが重要になります。家族をお持ちの方でも単身赴任の場合は同様に考えてよいかもしれません。

 

単身引越しのためのパックサービスは各社が出しているので、そういうサービスで業者をまず選定するのが一つの方法です。また、長距離引越しにはふつう軽貨物引越し業者を利用しにくいのですが、長距離対応のアークさんの引越しサービスもあるようです。そのようなものを使うとかなり安くなると思います。

 

転勤の場合

転勤に伴う引越しは遠方になることが良くあります。しかも家族で引っ越すとなると、荷物が大変多くなります。特に困るのが、ピアノやペット、観葉植物、高価な壊れ物などの運送です。なぜかというと、これらのものは扱ってくれない業者が多いからです。そのようなものと一緒に転居する必要がある場合は、まずそのようなものを扱ってくれる業者を絞り込むことがポイントになると思います。

 

それから多忙な仕事の合間を縫って引越し準備をしなければならない場合は、転居にともなうさまざまな手続きを代行して行ってくれるサービスが、引越し業者に用意されている場合があります。値段はその分高くなっても、そのようなものを使うことも考えても良いのではないでしょうか。

入社・転勤から引っ越し業者はどこがいい?

TOPへ