単身パックでの引越しってどれぐらいの料金がかかるの?

単身での引越しは家族に比べると荷物が少なく、より安く引越しをすることができます。
家族を持たない若い人であれば、荷物が少ないうえ、家族の中の他の人と日程や時間、役割分担などを調整する必要がないので、引越しは比較的楽です。

 

単身パックでの引越しってどれぐらいの料金がかかるの?
このような方は、できるだけ安く済む軽貨物引越し業者で引越し可能かどうかまず検討するのが、原則となると思います。

 

これは荷物の送料が350kgを超えないことが条件になります。

 

 

引越し繁忙

そして引越し繁忙期や休日、午前中など、料金が高い日時を避けると良いでしょう。

 

ごく短距離で荷物が少なければ、1万円かからない可能性もあります。

 

 

 しかし、軽貨物引越し業者にしない方が良い場合もあります。

 

たとえば引越し荷物が多い場合、大きな楽器や美術品、骨とう品、ペットなど特殊な荷物や貴重品が含まれ、軽貨物引越し業者では対応できない場合などです。

 

 

 

家財道具

家財道具をあまり持たない方でも意外に大変なのが書籍です。

 

本は重いので1人の業者で対応するような軽貨物引越し業者では大変です。

 

また、ピアノや大型冷蔵庫のような特に重い荷物がある場合も軽貨物引越し業者では対応がかなり難しくなります。

 

荷物が重くてももし引越しをする人が若い男性であれば業者を手伝うことができるので軽貨物引越し業者に頼んでも良いケールがあると思いますが、女性や高齢者の場合は荷物の搬出、搬入を手伝うのが難しいので、中堅引越し業者や大手引越し業者を考えた方が良いと思います。

 

段ボール箱の用意や引取り、部屋の掃除などといったサービスを必要とする場合も、中堅や大手の引越し業者に依頼した方がケースです。

 

また、大手や中堅の引越し業者で単身パックというサービスを行っている業者もいます。

 

これは荷物が少ないという点を活かし、専用のパックに荷物を詰め、他の人の荷物と一緒に荷物を運ぶものです。

 

これであれば、軽貨物引越し業者よりはサービスがありますので、そのような規準で大手や中堅の引越し業者を検討するのも良いでしょう。

 


 

単身パックでの引越しってどれぐらいの料金がかかるの?

TOPへ