引っ越しの料金に関するトラブル

引越し業者との金銭上のトラブルは、決して珍しいものではありません。

 

そのようなものを避けるためにも、良い業者を選びたいものですが、どのような点に注意すべきなのか、ご紹介していきます。

 

 

 まず引越しが決まったら、複数の業者に見積もりを依頼します。

 

これは、是非すべきことです。

 

 

引っ越しの料金に関するトラブル

 

 その見積もりに内金、手付金が含まれていたら、これは払う必要のないものです。

 

見積もりを見てその場でその業者に決めてしまったところ、内金、手付金を請求される、というようなケースもあるようですが、それを払う必要はありません。

 

そのようなものを請求する業者は、良い業者とは言えないので、断るべきです。

 

 

 そして引越しをした後にしばしば起こるトラブルが「追加料金」です。

 

 

 

見積

つまり見積もり時の料金よりも高くなってしまうケースです。

 

これは避けえない場合もあります。

 

たとえばエアコンの工事も頼んだ場合、引越し先の状況によっては、思わぬ工事が発生する場合もありますし、あるいはエアコンのホースが古くて交換が必要、というようなことが生じる場合もあります。

 

 

 実はこれらは見積もり時にしっかりと下見をしてもらっていれば、ある程度防げるものです。

 

ですから現場に来てもらって見積もりをしてもらうのが重要なのですが、それでも追加の工事が必要になる場合があります。

 

そういうことを想定し、営業担当に、どういう場合に追加料金が発生する可能性があるか、を確認した方が良いのです。

 

そのような見積もり時の対応を見れば、ある程度、その業者の良し悪しが分かることでしょう。

 

 

 なお、依頼人の不注意で追加料金が発生したら、これは当然、業者の責任ではありません。

 

注意しましょう。

 

 

 

 

初めての引っ越しの金額

 

 

私が引越しの荷物の搬出、搬入に大変だったのは、ベッドです。

 

 

お気に入りのベッドだった為、絶対に引っ越し先でも使用しようと思っていました。

 

いざ、引っ越し業者の方に来ていただくと、搬出は一軒家で、一階のお部屋に置いていた為問題が無いが、搬入が出来ないとの事。

 

 

引っ越し先はマンションで二階でした。

 

 

ベッドはクイーンサイズで組み立て式の者ではない為、通常の搬入では難しいとの事に。

 

 

初めての引っ越しでそんな事まで全く考えていなかったのでとてもショックです。

 

 

ピアノ屋さんに頼んで、ユニック作業になるとの事で、なんと、金額は通常の引っ越し代にプラス4万円との事。

 

 

もう、新しいベッドを買ってしまおうかとも考えましたが、本当に気に入っているベッドで、どちらにしても今のサイズで慣れてしまっている為、今更新たに小さなサイズをかうのもなぁ、と思い、ユニック作業をお願いしました。

 

 

私は大阪市内での引っ越しでしたが時期が四月と、引っ越しシーズンだった為、全て合わせて単身ですが16万円かかりました。

 

何社か見積もりをとりましたが、どの業者さんも同じ様な金額でした。

 

 

シーズンを外せば半額程になるとの事でした。

 

 

今のマンションから引っ越しとなるとまた多額の引っ越し代がかかるのかと思うと、引っ越しはまだまだ先になりそうです。

 

 


引っ越しの料金に関するトラブル

TOPへ