引っ越し見積もりや契約に関するトラブル

 

引っ越し見積もりや契約に関するトラブル引越しの際の業者とのトラブルは、だれでも避けたいものです。

 

トラブルを避けるために大切なのが見積もりです。

 

引越し業者の比較、選定は、見積もり時の対応も重要な判断材料です。

 

見積もりは電話やインターネットでも行うことができます。

 

楽なのでこれで済ませたいのが人情ですが、できれば営業担当に来てもらい、見積もりをしてもらうことが、トラブル回避のために大切です。

 

見積もりは無料で行ってくれるのが当然であり、これを有料としたり、あるいは見積もりの段階で無理に契約に持ち込もうとする業者はやめた方が良いでしょう。

 

見積もりの際に無料と言って段ボール箱を置いていく業者もいるようですが、これはトラブルのもとですので、断るべきですし、そのような業者はその時点で断ることを考えた方が良いでしょう。

 

また、見積もりの内容に手付金、内金などが含まれていたら、これも悪質業者の可能性があります。

 

さらに見積もりの際に「標準引越運送約款」(業者のよっては自社で独自の約款を作っている場合もある)というものが提示されなかったら、それを要求しましょう。

 

約款は見積書の裏面に記載されていることもあります。

 

約款を提示しない業者は悪質業者の可能性大です。

 

見積書は、日時や作業内容などが詳細に書かれている必要があります。

 

内容に不明点があったら、業者に確認する必要があります。

 

いい加減な見積書だと、あとで多額の追加料金を請求される可能性もあります。

 

引越し業者との契約成立は、通常見積もりをもらった後に、「あなたのところにお願いします」と業者に伝えた時になるのが普通で、特に契約書が発行されることはあまりありません。

 

見積書と「約款」にはきちんと目を通し、疑問点は業者に確認し、さらに契約したのちに追加点や変更点が生じたら、すぐに引越業者に伝え、書面でそれを残すようにしましょう。

引っ越し見積もりや契約に関するトラブル

TOPへ