東京都文京区に引っ越してきて、15年|都内なのに、環境のよい街

わたしは学生時代に東京で住んだ町がとても気に入っているのでご紹介します。

 

 

東京都文京区に引っ越してきて、15年|都内なのに、環境のよい街
東京で住んでいたのは中野新橋です。

 

地下鉄丸の内線だと、中野坂上で乗り換えが必要なのでちょっと不便では?と思われがちですがそんなことはありません。

 

降りたホームに来る電車に乗り換えるだけなのでとても楽ちんです。

 

 

新宿方面へは地下鉄でもすぐですが、バスで行くこともできます。

 

運行便もおおいので、家がバス停の方が近い方はぜひ利用してください。

 

 

中野新橋の魅力は、そんなにも都会に近く立地がいい場所にも関わらず、どこか懐かしい昔ながらの雰囲気が残っていることです。

 

 

駅前は決して栄えていませんが、個人商店の本屋さんや雑貨屋さんが軒を連ねます。

 

おいしいインドカレーのお店やおしゃれなイタリアンレストランが不意に混ざっているので要チェックです。

 

 

また、小さな商店街にはおいしい揚げ物屋さんや和菓子屋さんもあります。

 

お店の方はフレンドリーな雰囲気で、常連になると楽しいです。

 

 

このように中野新橋は、初めて上京した学生や新社会人にはぴったりの町です。

 

はじめての東京生活でも、不便さを感じることなく寂しさを紛らわせてくれると思います。

 

 

ちなみに、近くに学校がありファミリーも多いので、治安もとてもよいです。

 

 

東京の下町葛飾の心地よい空間

寅さんで有名な葛飾区は自分が思っているよりも広い町です。

 

寅さんの柴又、両さんの亀有、キャプテン翼の作者の出身高校のある四つ木、下町ならではの観光スポットがたくさんあります。

 

これらの地は全て同じ葛飾区内にあるにもかかわらず、移動には電車やバスを使います。

 

ですが地元民はみんな自転車で移動しています。

 

自転車がとても乗りやすい町だと思います。

 

自転車の専用通路が車道にあったり、駅には必ず大きな駐輪場があります。

 

亀有にはアリオ亀有という小さなショッピングモールのようなものがあり、中には映画館や洋服屋さん手芸屋さん本屋さんやレストラン街にフードコートもあります。

 

ゲームセンターなどもあるので近場で遊ぶには大変便利な場所です。

 

葛飾区の四つ木や立石といった駅は葛飾区役所から近く、また、浅草や日本橋、果ては横浜まで電車1本で行けてしまうのもとても便利です。

 

新小岩などのJRの駅もあるので秋葉原や新宿などへのアクセスもとてもよく、どこへでも出かけやすいのが利点です。

 

また、駅から少し離れると激安スーパーが多くあります。

 

そのスーパーの近くには必ずと言っていいほど薬局があり日常生活の買い物が大変便利です。

 

葛飾区は東京都内でもかなり心地よく住みやすい町です。

 

都内なのに、環境のよい街

現在住んでいる、東京都文京区に引っ越してきて、15年になりますが、この街の歴史深い所が住めば住むほど、味わい深く、大好きになっていきます。

 

この街に来るきっかけとなったのは、第一子出産を機に移ってきました。

 

子育てしやすい街を探していて、幼稚園、保育園などの充実さ、パチンコ店や繁華街などがなく、子育てにはとっても環境が良く、まさに文のみやこといわれている通り、国立や私立の小学校なでも充実していて、教育水準が高い区だと検索して出てきました。

 

子供を育てるにあたり、家庭環境と同じくらい子供にとって大事なことは、地域環境です。

 

文学の街で育った子供は、必然的に教育を大事にするであろうと思って移り住みました。

 

街を子供と歩いていると、地元のおばあちゃん達があたたかいお声をかけて下さり、子供のコミュニティーション能力を高めて下さるような接し方をして、子育てに孤立感を感じたこともありませんでした。

 

子供が成長し、活動できるようになると、児童館に通い始め、そこで、様々なイベントを開催して下さり、同じ年頃のお友達もたくさんでき、経験豊かな幼児時代を送ることができ、子育て世代の住人が多く、とても恵まれた中で伸び伸びと子育てできるこの街は、素晴らしい所です。

 

東京都文京区に引っ越してきて、15年|都内なのに、環境のよい街

TOPへ