引っ越し時に気になる、エアコンなどの電気工事に関するサービス

エアコンを持たない方、引越し先にエアコンがあって持っていく必要がない方、などには関係ありませんが、現代の日本人にはほぼ必需品となっているエアコンは、引越しの時に問題になる荷物の一つです。

 

自分で取り外したり取り付けたりするのは面倒と言うよりもほとんど無理ですし、危険です。

 

したがって業者に頼むことになりますが、通常、電気の専門業者を頼むか、引越し業者に依頼するか、のどちらかになります。

 

この場合、引越し業者に依頼した方が安くなることが多いようです。

 

エアコン工事

 

エアコン工事は多くの引越しで必要になる作業なので、大手の引越し業者であれば普通行ってくれます。

 

中堅の引越し業者でもやってくれるところが多いでしょう。

 

ただしオプション料金がかかりますし、その料金も決して安いものではありません。

 

しかも今までの住まいでの取外しと新居での取付け、運搬があり、料金がそれぞれにかかってしまい、結局1万円以上かかってしまいます。

 

 

さらに気を付けなければならないのが、追加料金です。

 

転居先でエアコンのホースの長さが足りない、というような場合、追加料金がかかってしまいます。

 

このようなこまごまとした工事の内容によって料金が違ってきてしまうので、引越し業者を選ぶにあたっては、電気工事をそれまでの住居と転居先のどちらで依頼するのか、あるいは両方で依頼するのか、ということに加えて、追加料金が発生するかどうか、も含めて業者に前もって相談し、見積もりを取る必要があります。

 

したがって、できれば引越しの営業担当だけでなく、下請けの電気工事業者にも来てもらった方が良いのです。

 

しかし転居先でそれをするのは、特に遠方の場合、面倒です。

 

そのようなことを考えると、転居先で新しいエアコンを買ってしまうことを考えた方が楽でしかも安上り(古いエアコンより新品のエアコンの方が使用電力やランニングコストを低く抑えられることがあります)、ということがあります。

 

良く検討しましょう

 

 

 そのほか、電気工事には照明器具、テレビ、インターネットに関わるものなどもあります。

 

必要だけれども決して安くないオプションサービスの電気工事については、多くの業者が対応しているので、工事をやってくれるかどうかは、それほど重要ではないと思います。

 

最終的に見積もりを取るときに丁寧に相談にのってくれる引越し業者が、選定のポイントになるかと思います。

 

引っ越し時に気になる、エアコンなどの電気工事に関するサービス

TOPへ