引っ越しの際のプロバイダ乗り換えはお早目に

引っ越しを決めた時にはやる事がたくさんある為、リストを作っておくと便利です。

 

特に電気やガスなどと同じように、変更の手続きが大切なのがプロバイダになります。

 

今はほとんどの方が家庭でプロバイダを使っている時代ですので、新しい家に行ってからでもすぐに使えるようにしたいものです。

 

新しい土地に行くと、すぐにでも調べたい事なども出てきます。

 

そういった時に、その日のうちからインターネットを使えるというのは助かるでしょう。

 

後からなどと思わずに、具体的に次の住む場所が決まった時には乗り換えの問い合わせをしてみましょう。

 

 

引っ越しの際のプロバイダ乗り換えはお早目に

 

1か月前を目安に連絡を

引っ越しが決まった時に電話をして、新しい住所を伝えると変更の手続きができます1週間前などに突然の転居が決まるなどという訳でなく前もって分かっていれば、1か月前を目安に伝えておきましょう。

 

新しい家に行っても、この電話が遅れてしまう事でインターネットが使えない期間が2週間から1か月あるかもしれません。

 

その時期によっては、皆も引っ越しシーズンで予約されている方が多く、全く希望の日に開通してもらう事ができないという事態も考えられます。

 

早めであれば都合の良い時に予約を取るのもスムーズですし、上手にいけば新しい家に来た当日から使える場合もあります。

 

混み合っているような時期ではなくても、インターネットの回線工事にかかる日数は2週間と言われていますので、出来る限りすぐに連絡を行いましょう。

 

 

 

賃貸に引っ越す時は特に注意を

特に戸建てよりも、賃貸では今使っているプロバイダが対応になっているのか調べる必要があります

 

もしかしたらアパートやマンションを紹介された時に、一緒にどの業者のものであれば使う事ができるか紹介してもらえるかもしれません。

 

そのような事がなくても、プロバイダの業者に新しい住所を伝えると、利用が可能かどうかの目安を教えてくれもらえます。しかし中にはエリアに入っているものの、その賃貸では回線を引いていなくて別途工事が必要になる場合もあります。

 

その際には退去する時に、撤去費用が取られる事もありますので頭の中に入れておきましょう。

 

賃貸によっては立ち合いが必要な事も多くありますので、そういった細かい部分も話を聞いておくのは大切です。引っ越し先の物件で既に取り扱っているインターネットのプロバイダを使う事で、毎月の料金がグンとお得になる事もあります。

 

その際は早めに今使っている業者を終了し新しい業者に乗り換えの手続きをして、新しい家に来てからすぐに使えるように手配する事も可能です。

 

 

 

引っ越して来てからでは遅い

後回しにしてしまうと、何かスマホで調べる時にも不便を感じてしまいます特にWi-Fiを使っていたという方であれば、無料でサクサクとインターネットを自宅で使い放題で見れていたはずです。

 

中には、Wi-Fiスポットを探し、ストレスを感じながら調べものをする事になってしまう方もいるかもしれません。

 

早めの対応をする事で、引っ越しをしてきてからのストレスもなくインターネットを利用できます。

引っ越しの際のプロバイダ乗り換えはお早目に

TOPへ