飼い犬も引越しの手続きが必要なことをご存じですか?

犬を飼われている方は、気をつけなければならないことがあります。

 

それは犬の登録変更手続きです。

 

通常、犬は産まれてから91日以上経過した場合、法律によって飼い犬の登録と狂犬病を予防するための注射を接種することが法律で義務付けられています。

 

一度登録をすれば、更新する必要はなく飼い犬が生きている限り有効になります。

 

届け出は犬を飼い始めてから30日以内に行い、自分が住んでいる住所の管轄の保健所や委託施設で登録を行わなければなりません。登録手続きを行うと鑑札を交付してもらいます。

 

もし行わなければ、法律により20万円の罰金を支払うか、科料の罰則があります。

 

引越しをする場合には、以前登録した時に交付された鑑札と注射済票を用意して、新しい住所の管轄先で、住所変更を行います。

 

最初に犬を飼った時に、すでに犬の登録を行っているため、登録は一度のみでよいため、住所の変更だけを行うことになります。

 

もし引越しが同じ市区町村で行われた場合には、役所で転居届を出したついでに犬の登録変更も一緒に行うことが出来ます。

 

転居届と同時に犬の登録変更も一緒に行えば、後から手続きする手間を省くことが出来ますので、忘れずに行うとよいでしょう。

 

 

飼い犬も引越しの手続きが必要なことをご存じですか?

 

鑑札を失くしてしまった時

犬の登録手続きを行った際に発行された鑑札を、万が一失くしてしまった時は、鑑札の再交付を受けることが出来ます

 

鑑札を失くしてしまった時に必要なものは、再交付手数料です。

 

再交付先は新しい管轄住所で行うことになります。

 

役所によっては、鑑札の再交付申請を電子申請で行うことが出来るので、時間がない方は、電子申請で行うと便利です。

 

 

 

環境面でのケアも万全に

飼い犬の環境面でのケアも考えなければなりません

 

犬も人間と同様に、新しい住環境への引越しはストレスを感じます。新しい家に慣れさせるためには、引越し前に何度か、新しい住環境を見せておくと、早く慣れさせることが出来ます。

 

 

 

今まで使っていたグッズを使おう

新環境に移ったついでに、犬の身の回りのグッズも新しいものへ交換しようという気分になりますが、実はそれは飼い犬にとってはストレスを感じる原因にもなってしまうので止めておいた方がよいでしょう新生活に慣れさせるためには、前の家で使っていたグッズをそのまま使った方が、飼い犬のストレス軽減になります。

 

ケージや、毛布、タオルケット、おもちゃ、餌用の皿などは、これまでと同じ物を用意するだけで、犬にとっては安心出来るからです

 

長年自分の匂いが染み込んだグッズは、犬にとっても愛着があるものであるため、新しいものを使うよりもこれまで使用して来たものを使った方が、犬の心のケアが出来ます。

 

また新しい環境に入ると、犬はストレスを感じやすくなるため、普段より吠えてしまうこともあります。

 

引越し先では、ご近所の方に挨拶回りに行く際に、ついでに犬を飼っていることと、来たばかりでストレスを感じ、騒がしく吠えてしまう可能性があるかもしれないことを、最初に説明しておくと、ご近所トラブルを回避することも出来るでしょう。

飼い犬も引越しの手続きが必要なことをご存じですか?

TOPへ