増改築のために一時的に引っ越す場合は荷物一時預かりサービスが便利

建て替えや増改築のためマイホームから一時的に転居しなければいけないケースがあります。

 

家屋の全ての取り壊しや一部の取り壊しなどの場合には、荷物も全て持ち出す必要がありますが、家のリフォームや建て替えでお金がかかるときに、仮住まいに大きなお金をかけるわけにもいきません。

 

また、お子さんがいる場合には学区内にある仮住まいがベストであり、賃貸住宅探しにも条件の制約があります。自宅から近くて家賃も安いところとなれば、部屋が狭いなど制約が出てきます。

 

家が新しくなるまでの一時的な住まいですから、家族の生活自体はどうにか我慢できても、困るのが入りきらない荷物です。

 

 

 

引っ越し業者に荷物を預かってもらえる

入りきらない荷物を預かってくれるサービスを、引っ越し業者で提供している場合があります

 

自宅の建て替えや増改築などのリフォームに伴う荷物一時預かりサービスといったもので、ご自宅から仮住まいへ引っ越しを行い、工事完成後に再び仮住まいからご自宅へと戻るまでの間、仮住まいの生活で必ずしも必要ない入りきらない荷物を専用のトランクルームや業者の倉庫などで保管しておいてもらえます。一般的なトランクルームサービスとは異なり、仮住まい等へ引っ越す場合で、再びその荷物を運び出して自宅等へ搬入する場合にだけ利用できるとするケースが多くなっています。

 

オプションサービスなどとして用意されており、保管場所のある大手業者や倉庫業を兼業している業者などで行われています。

 

 

増改築のために一時的に引っ越す場合は荷物一時預かりサービスが便利

 

安心の保管環境

保管はただ荷物を好意で預かってくれるというものではなく、引っ越しのための契約とは別に、保管契約や荷物一時預かり契約などを締結して行います

 

専用の梱包材などでしっかりと梱包し、家具や高級な服などは温度や湿度管理の行き届いたトランクルームなどで大切に保管してもらえます。

 

仮住まいに入りきらない大型の家具や、その時期には使わない季節家電や季節の衣類、他のアイテムで代用できるために使わなくても問題ないものなどを預けておきましょう。

 

増改築が済むまでの間、安心の環境で預かってもらえます。

 

一般的なトランクルームとは異なり、後からちょこちょこ預けるものを追加したり、一部を自由に出し入れしたりということは基本的にできません。

 

一括で預けて、一括で同じ時期に搬出するのが原則になります。

 

出し入れが可能な業者もありますが、前もって連絡を行う必要があり、出し入れの都度、出入庫料や配送料が請求されるケースが多くなっています。

 

 

 

仮住まいの費用を抑えて節約を

自宅にあった荷物を全て仮住まいに収めようとすれば、自宅の一戸建てなどと同じだけの賃貸住宅などを借りなければならず、敷金や礼金、家賃などに大きな費用がかかってしまいます

 

建て替えや増改築でまとまったお金が必要になるのに、仮住まいにもお金をかけるのは現実的ではなく、一般的なニーズとしては安く抑えたいとお考えでしょう。

 

荷物一時預かりには保管費用などの料金がかかりますが、広い賃貸住宅を借りるよりは、狭い賃貸住宅を借りて保管費用を払ったほうが、低コストに収まるはずです。

増改築のために一時的に引っ越す場合は荷物一時預かりサービスが便利

TOPへ