新築マンションに引っ越しする際の注意点とスムーズに進めるコツ

誰でも引越しをするのはすごくテンションが上がるものです。特に、新築の一軒家や新築マンションに引っ越す場合、早く住みたいとほとんどの人が心待ちにしているでしょう。

 

ただ、一軒家であれば問題ありませんが、新築マンションに引っ越す場合は注意すべき点があります。

 

業者に依頼して引っ越しの当日に慌てることのないように、予めどういう事態が起こりやすいのか知っておきましょう。

 

 

 

初日は他の人も引っ越しを行う可能性があります

新築マンションに引っ越す場合は、不動産会社が引っ越しOKのサインを出したタイミングでその後はいつでも引越しできるようになります

 

しかし、引っ越しOKのサインを出した当日は土曜日や日曜日といった休日が多く、他にもマンションを契約した人が多くいるため引っ越し作業を行う人が乱立する可能性があります。人で混雑するのはもちろんですが、特に注意したいのは駐車スペースです。

 

マンション周りに駐車して荷物を運び出すのが一番良いですが、既に他の人が先に作業を進めている場合はマンション近くに駐車スペースがなく、マンションから遠い駐車場に止めて持ち運びをしなければいけなくなってしまうかもしれません。その場合、さらに駐車場料金も加算されて支払わなければいけなくなってしまい、マンションから遠ければ遠いほど持ち運びの労力がかかるため作業員も増加することになります。

 

プラスでさらに費用がかかってしまう可能性が非常に高いです。

 

 

新築マンションに引っ越しする際の注意点とスムーズに進めるコツ

 

スムーズに引っ越しする場合はどうすればいい?

こういった事態を避けるための最善の方法は、「1週間から2週間程度、日程をずらして引っ越す」ことです

 

大多数の人は早く引っ越したいという気持ちから初日や初週に行う場合が多いので、新しい家に住みたいという気持ちを少しだけこらえて、日程をずらして引っ越すと快適に作業を進めていくことができます。

 

ただ、日程をずらすとなると、その日程分だけ無駄に家賃を支払わなければならなくなる、と心配する人もいるかもしれません。ただ、日割り計算しても初日に引っ越す方が費用が高い可能性が高く、不動産会社によっては住んでいない分は日割りで計算して支払わないようにできる場合もあります。

 

予め不動産会社に確認しておき、引越しの日程をずらす相談をしておきましょう

 

 

 

引っ越し作業前に行っておきたい事

引っ越す日程を決めれば、あとは当日まで荷造りなどをしていれば問題ありません

 

ただ、できれば引っ越す前に行っておきたいことがあります。

 

それは、新しい家の隅々まで部屋の写真を細かく撮っておくことです。新築マンションは中古マンション等に比べると価値が高いために、ちょっとした傷やへこみだけでも高額な費用を請求されてしまう可能性があります。

 

後になって気づいても遅いため、高額な修繕費請求を防ぐためにも引っ越す前に隅々まで部屋の写真を撮っておきましょう。

 

全て荷物運び等が完了したら、写真と見比べながら傷がないかどうか確認していきます。

 

見つけたらすぐに業者へ連絡し、保証について話し合いましょう。

 

新しい場所で快適な生活をしていくためにも、しっかりと引越しにおける注意点等を確認しておくことが大切です。

新築マンションに引っ越しする際の注意点とスムーズに進めるコツ

TOPへ