エレベータの有無で引っ越し料金が大きく変わる

引っ越し料金の算定にあたっては、荷物の搬出入を行う建物にエレベーターが有るか無いかが大きく作業に影響を与えます。

 

素人でも分かると思いますが、重量のある荷物を上の階から下の階へと搬出したり、下の階から上の階へと運び込むには階段よりエレベーターがあったほうが楽に決まっています。

 

それはプロの作業でも同じであり、エレベータの有無で作業効率や作業負担に大きく影響があります。

 

作業負担が大きく、作業効率が悪くなるほど料金は高くなりますので、エレベータが有ってスムーズに作業が進む場合は料金や抑えめに、エレベータがなく重い荷物や大きな荷物を抱えて階段で昇り降りしなければならない場合には料金は高くなります。

 

 

 

エレベータの有無で引っ越し料金が大きく変わる

旧居も新居も確認

引っ越しの見積もりを取る際にはインターネットや電話を使った簡易見積もりの段階でも、エレベータの有無が確認されます

 

この際に気を付けたいのは、引っ越す現在の住まいと移転先の新たな住まいの両方を忘れずに申告することです。

 

毎日使っている現在住んでいる住まいだけに目が行って、新たな住まいのことを忘れてしまったり、逆に新たな住まいばかりが気になって、今住んでいるところのことを忘れてしまわないようにしましょう。なお、エレベータがある場合でも、奥行きがなく狭いエレベータであるなど、大きな家具などを運び込めない場合には、結局、非常階段などを使って運ばざるを得なくなります。

 

そのためエレベータがあっても料金が加算される場合があります。

 

引っ越し料金は事前の見積もりの料金となるのが基本ですが、搬出入にあたって旧居または新居のエレベータが使えない荷物がある場合、料金が加算される場合があります。

 

旧居については訪問見積もり時に採寸して事前に料金の加算の有無を明確にできますが、新居については通常、訪問はしませんので、後からの料金加算をされたくない際は、新居のエレベータの内部を採寸したり、荷物で大きなサイズのものを採寸して業者に伝えておきましょう。

 

 

 

ハイツやアパート系は注意

引っ越し料金にエレベータの有無が大きく影響しますが、実家の一戸建て暮らしで便利な商業施設やオフィスビルしか利用したことがない方や、エレベータのあるマンションにずっと暮らしているという方にとっては、平屋以外の建物でエレベータがない建物はあまり想像できないかもしれません

 

ですが、2階建てのアパートやハイツといった名称の賃貸アパートについていえば、ほとんどがエレベータ無しで階段のみとなっています。

 

階段しかない建物の2階に住む場合、階段を使って荷物を搬出入するか、階段で運ぶのが難しい大きな荷物などは窓から吊り上げるなどする必要があり、料金が高くなりますので気を付ける必要があります。

 

 

 

マンションも油断できない

賃貸アパートにエレベータがないのは仕方ないとして、コンクリート造のマンションならエレベータは必ずあるだろうと思われるかもしれませんですが、築年数が古い3階建てなどの低層マンションであったり、5階建てでも公団住宅や団地などの場合はない場合がありますので、引越し料金を考えるならなるべく下層階を選ぶというのも1つの考え方です。

エレベータの有無で引っ越し料金が大きく変わる

TOPへ