アパートやマンションで引っ越す場合の注意点は住人への配慮

アパートやマンションなど共同住宅での引っ越しにあたっては、他の住人への配慮が求められます。

 

引っ越し日が決まったら建物の大家さんや管理人さん、マンションの管理組合や管理会社などに連絡をしましょう。

 

引っ越しの日時を伝えて、スムーズな作業ができるよう了解を得ておきます。分譲マンションにおいては、引っ越し作業をする場合には必ず届け出ることが規約で定められていたり、ルールになっていることがありますので、忘れずに行うよう注意しましょう。

 

専用の届出書などがあり、作業の内容などを詳しく記載して提出が求められることもあります。

 

新たに共同住宅の住人になる場合はもちろん、引っ越す場合も最後まで共同のルールは守って気持ちよく引っ越したいものです。

 

 

アパートやマンションで引っ越す場合の注意点は住人への配慮

事前に住人に周知

引っ越し日時の届け出が必要なのは、共同住宅に暮らす住人に周知を図るためです一般的には共用スペースの掲示板に引越しの作業日程などが掲示されたり、各住人の郵便ポストにお知らせが投函されるなどして周知が図られます。なぜ、周知が必要かといえば、大きなトラックが建物の前や敷地内に入って迷惑などが生じたり、小さなお子様などがいれば危険も生じます。また、住人以外の作業員が何度も出入りを繰り返すことに不安を感じたり擦る方もいますし、引っ越し作業中は二重ロックなどのセキュリティーシステムも解除される場合があるので、他の不審者が入り込んでくるリスクも高まります。荷物の搬出入のためにエレベーターを繰り返し使うことになりますので、住人の乗り降りにも影響が出ます。

 

そうした作業による不都合やリスクを事前に伝えて了承を得ることで、クレームなどが入らないスムーズな引っ越しができるようになるのです。

 

 

 

引っ越しの挨拶

都心のワンルームなどの共同住宅ではご近所関係も希薄化し、誰が住んでいるのも分からないという状況がありますが、基本としては近隣住民への挨拶をしておくのがベストです

 

最近は大地震などの災害リスクも増えているので、万が一の際にお互いに協力しあえるよう、最低限の関係作りは欠かせません。

 

もっとも、忙しくてなかなか時間が取れない方や、ライフスタイルが異なり、会えないご近隣の方というのもいます。

 

最近は引越し業者が旧居や新居で作業前に利用者に代わって、簡単な挨拶回りをしてくれたり、粗品を持って歩いてくれるサービスも登場しています。

 

無料サービスで挨拶をしてくれるケースもあるので、上手に活用しましょう。

 

 

 

共用施設の養生をしっかりと

マンションやアパートの引っ越しで注意したいのは、建物を傷つけないということです

 

賃貸住宅の室内はもちろん、マンションやアパートの廊下や階段、手すりやエントランス、照明器具など荷物を運んでいる最中にぶつけたり、こすったりしてキズ付けたり、損傷することがないよう配慮することが求められます。

 

信頼のおける引越し業者であれば、慎重な配慮を行い、荷物の搬出入をする前に、エントランスkら共用廊下、エレベーター内部など荷物の搬出入で通る道を全て養生して整えてから行ってくれるので安心できます。

アパートやマンションで引っ越す場合の注意点は住人への配慮

TOPへ