マンション階数で引っ越し料金が大きく異なるケース

マンションからの引っ越しやマンションへの引っ越しなど、旧居または新居のいずれかや、両方がマンションである場合には引っ越し料金の算定にあたってマンション階数がポイントになります。

 

階数が高く荷物の搬出入に手間がかかるほど、料金が高くなるのが基本です。

 

特に築年数の古いマンションや、古い公団住宅や団地などでエレベーターが設置されておらず、階段のみの場合には階数が高くなるほど料金がアップします。もちろん、階数だけで住み替える住まいを選ぶわけにはいきませんが、階段しか使えないからマンション自体の値段や家賃は安くても、引っ越し料金においては高くなりますので注意が必要です。

 

 

 

エレベーターがあれば基本的には安心

これに対して、エレベーターがあれば荷物の持ち運びが楽にできますので、階段しかないケースより安く抑えることができます

 

もっとも、エレベーターにキズが付かないよう養生を施したり、大型の荷物もエレベーターに収まるよう工夫したり、小さなエレベーターで何度となく荷物の搬出入を繰り返したりしなければなりません

 

他の住民も利用するので、その方たちに配慮しなければならず、時間や手間もかかります。

 

そのため、1階から1階への引っ越しと異なり、エレベーターがあっても階数が高い場所からの運び出しや、持ち運びは料金が高くなります。

 

 

マンション階数で引っ越し料金が大きく異なるケース

 

エレベーターが使えない場合は要注意

エレベーターがついていても、サイズが狭いなどで大型の家具や大型家電が入らないケースなどは費用が加算されます

 

エレベーターが使えない場合には非常階段などを使って、人力で運び入れるか、ベランダから吊り上げて窓から搬出入をしなければなりません。

 

この手間や作業のための特別の費用が加算されてしまいます。

 

旧居において訪問見積もりを受けていれば、エレベーターの大きさなどもチェックしているので、当日に大きく請求額が異なることはありませんが、新居はエレベーターなどのチェックを業者が行わないため、場合によっては当日急きょ、手作業などによる手間が発生する場合があります。この場合には追加費用が発生しますので、事前に全ての予算を確定したい方は、新居のエレベーターの寸法を業者に伝えたり、サイズの大きな荷物の採寸を行って、業者とよく打ち合わせておきましょう。

 

 

 

旧居も新居も階数が影響

引っ越すとなると現在のお住いのことだけに目が行ったり、逆に新しい住まいのことばかりに目が行きがちですが、階数が問題となるのは旧居も新居も伴にです

 

1階から1階が一番安く、階数が高いところから階数が高いところへの搬出入ほど費用が高くなっていきます。

 

マンション階数だけでなく、2階建てや3階建ての一戸建てやアパートなどの2階も同様です。

 

たとえば、学生さんが親元を離れて一人暮らしを始めるために実家からマンションへ引っ越す場合、ご自身の部屋が一戸建ての1階にあるのか2階にあるのかでも費用が異なってきます。

 

これに加えてマンション階数やエレベーターの有無、エレベーターでは運ない荷物の有無によって費用が異なることになります。

マンション階数で引っ越し料金が大きく異なるケース

TOPへ