土日の繁忙期を避け平日に引っ越しするのが費用を抑えるコツ

引っ越しが年間を通じて忙しく混雑するのは、土日祝日です。

 

仕事がお休みで、ファミリー世帯でいえばお子さんが学校が休みの間に済ませたいと思う方が多いので、作業への立ち合いからご自身たちの移転も含めて休日は人気があるのです。

 

引っ越しというのは1日2便から3便が限界で、遠距離ともなれば丸1日かかるケースや、2日から3日かけてトラックを運転する必要があります。そのため、どんなに需要があっても、作業員1チームでさばける数は限られています。

 

ですから、誰もが引越ししたいと思う土日祝日は引越し料金が高くなるのが一般的です。お子さんの学校などの関係でウィークデイに移動するのは無理という方は、早朝便や時間指定なしのお任せ便など、業者の都合に合わせたプランを選ぶと料金を安くできます。

 

 

土日の繁忙期を避け平日に引っ越しするのが費用を抑えるコツ

平日は安い

混雑する休日に対して、比較的料金が安く抑えられているのが平日です

 

リゾートホテルの宿泊料金が同じ部屋であっても休日や休日前は高く、平日は安く設定されたり、飛行機の料金が多くの方が帰省や旅行する夏休みや正月、ゴールデンウィークが高く設定されるように、引越し料金も需要が多い繁忙期は高く、需要が少ない時期は安くなります。

 

平日は会社勤めがあったり、学校に行かなくてはならないため、引っ越しをする日に選ぶ方はそう多くありません。

 

そのため、予約も埋まりにくいので料金設定を安くして利用者を募っているのです。

 

日本人は縁起を担ぐ方がまだ多いので、平日でも大安はやや高め、仏滅はさらに安く予約が取りやすいという特徴もあります。

 

 

 

平日休みの方なら断然おすすめ

平日に仕事が休みになるというワークスタイルの方や、大学生や専門学生などで春休みや夏休みなどウイークデイが自由に使える方なら、月曜から金曜の昼間に予約をとるのがおすすめです

 

どの業者でも繁忙期は高く、閑散期は安くといった料金設定であるのが一般的ですが、どのくらい安いかは業者ごとに異なりますので、見積もりをとって比較検討することは必要です。さらにウィークデイで、時間指定なしといった業者の都合にお任せで依頼すれば、より料金を安くすることもできます。

 

比較検討の結果、いいなと思った業者を見つけたら、さらに電話や訪問見積もり時に交渉してみるといいでしょう。

 

 

 

引っ越し休暇をとろう

費用は抑えたいけれど、土日休みだしという方は、1日くらい休暇をとってみましょう

 

有給休暇が余っている方も多いでしょうから、お給料のもらいはぐれなく、引っ越し費用を抑えて得をするのがおすすめです。

 

ウイークデイにお休みをとって引っ越しを済ませておけば、週末は荷物の開梱作業や収納、整理整頓に時間を充てられ、新しい住まいでの生活もスマートにスタートすることができます。

 

荷物の梱包から開梱まで、かなりの手間と時間がかかる作業になりますので、全てをいつものスケジュール通り行おうとすると、かなり負担がかかります。

 

荷物の整理に疲れ果てて、新たな住まいでの生活に支障を来すより、1日でも2日でもお休みをとってスケジュールに余裕をもたせると、新生活も新たな場所での仕事もスムーズに運ぶようになります。

土日の繁忙期を避け平日に引っ越しするのが費用を抑えるコツ

TOPへ