午前便や午後便より安いフリー便、引っ越しプランの違いを知っておこう

引っ越し料金は荷物の量と移動距離、エレベーターの有無などの作業の手間や負担で料金が算定されるほか、日時によっても料金が異なって来ます。

 

3月などの利用者が増えて混雑する引っ越しシーズンに料金が高いというのは多くの方がご存知かと思いますが、同じ日でも時間帯によって料金が異なるケースがあります。

 

業者によってもプランや料金設定は異なりますが、一般的によくあるケースが午前便、午後便で、そのほか時間帯を指定せず、業者のスケジュールにお任せするフリー便、一部の業者で行っている夜便などがあります。

 

 

午前便や午後便より安いフリー便、引っ越しプランの違いを知っておこう

午前便のメリット

どの業者でも行っている基本のコースが午前便となります

 

他のお客様を経由せず、朝いちばんに引っ越しができるプランです。

 

メリットとしては朝から荷物の搬出と移動が開始されるので、近県での移動であれば当日中に新居への荷物の搬入が住み、新居での生活の準備が直ぐに始められることが挙げられます

 

また、午前中の早い段階で荷物が旧居から搬出されますので、後片付けや部屋の掃除などの時間もたっぷりとれ、賃貸住宅の明け渡しなどの手続きも勧めやすいのもメリットです。

 

一番のメリットは開始の時間が確定的であることで、朝一で確実に来て作業をスタートしてもらえます。

 

なお、スタート時間は業者の営業開始時間に合わせるのが基本で、午前中の何時といった指定は基本的にできません。

 

というのは、業者は午後便の作業が控えているため、午前便が終わり次第、次の現場に向かわなければなりません。

 

そのため、朝は8時や9時スタートなど早い時間帯からの約束となるのが通常です。

 

 

 

午後便のメリット

ライフスタイルなどの関係で朝早く起きるのが辛い方や、引っ越し日までの期間が短く準備期間が足りない方などは、午後便を利用するといいかもしれません

 

朝は比較的ゆっくりできるので朝寝坊さんにも安心、午前中にも荷造りができるので仕事で忙しく荷造りの準備に不安がある方にもおすすめです。引っ越し日を平日にすれば、午前中に役所での転出届を済ませるなど、事務手続きなどをする時間にも活用できます。

 

ただし、午後便の場合、何時に業者がやってくるかは確実な約束が取れません。

 

近場での午前便が終わり次第の駆けつけとなるため、およその時間は前日までか当日に知らされるものの、不明確な部分があります。

 

午前中の仕事が終わり次第、到着予定時間を知らせてくれますが、午前の仕事に手間取ったり、道が混雑するなどして予定より大幅に遅くなることもあります。

 

時間が不確定という分、午前便より料金が少し値引きされることがあります。

 

 

 

フリー便のメリット

これに対してフリー便とは、午前や午後といった指定もせず、当日の業者の作業スケジュールに応じて、業者の都合がいい時間帯にトラックがやってきて作業を行う面で違いがあります

 

宅配便の配達などでいえば、時間指定なしといったプランになります。

 

午前の朝一スタートのケースは通常なく、第一便以降、業者が予め定める最も遅い開始時間までの間にやってきます。

 

もちろん、到着時間が迫ると「これから行きます。

 

」といった連絡をくれます。

 

時間制定無の分、料金が安く抑えられるのがメリットです。

午前便や午後便より安いフリー便、引っ越しプランの違いを知っておこう

TOPへ