曜日の日取りを上手く決めて安く引越し料金にしよう

大学が決まって一人暮らしをするようになったという方や、転勤を機に家を買って引越しを使用と計画を立てている方であれば、その日から費用の計算の始まりです。

 

もし、引越しを少しでも安くしたいと考えているのであれば、まずは日取りから検討して行きましょう。

 

春の時期は、学生さんの一人暮らしが多くなるために、引越し業界も繁忙期を迎えます。さらに、新卒の人が新しい職場で働き始めますから、ちょうど引越しをする時期でもあります。

 

この時期は繁忙期であるために引越し料金も高くなります。

 

また、5月もゴールデンウィークがありますから、休みを利用して引越しをする人もいます

 

できるだけ、3月から5月上旬はさけて引越し計画を立てていく事が肝要です。

 

 

曜日の日取りを上手く決めて安く引越し料金にしよう

引越の日取りはシーズンオフと平日がねらい目

引越し料金を少しでも安く納めたいのであれば、繁忙期を避けるだけでなく曜日も注意しましょう

 

日取りを決めるには仕事をしていると大変ですが、安く納めたいのであれば、平日を利用するとベストです

 

土日はやはり休日を利用して、引越しをしたいという人が多くいますから、有給を上手く利用して引越しをすると安い費用で済みます。

 

繁忙期の時は平日でも高いので、シーズンオフの際に行うのが良いでしょう。露の時期や夏休みに入る前に、年明けと言ったシーズンです。

 

引越し業者の安い時期がありますから、その時がねらい目です。

 

また、業者によっては大安の日を高くしている所もありますから、確認をしておきましょう。

 

 

 

費用を軽減する夕方の引越し

引っ越し料金を安く抑えたいポイントはいくつかありますが、曜日や日取りと言った事も大事ですが、少しでも安くするには日時も重要です

 

午前中はどうしても多くの人が指定してきますから、できれば夕方の引越しを指定することで費用もかわります。

 

殆どの方が、午前中に荷物を運んで午後に片づけをしたいと考えています。

 

時間に余裕があるのであれば、夕方の引越しにして費用を抑えましょう。

 

夕方を指定する人は少ないので、業者も余裕があるのか荷物を丁寧に物を運んでくれます。

 

繁忙期はどうしても忙しさから、運ぶにも雑な面も出てきますし、4月ですと新入社員が入り不慣れなせいか仕事が遅いし危なっかしいという点もあります。

 

繁忙期を過ぎたシーズンオフにすることで、新人も慣れていますし、平日にすることと夕方指定にすることで費用も随分と軽減できます。

 

 

 

引越し料金の比較検討

引越し料金を少しでも抑えるためのポイントを紹介してきましたが、最後に確認するのは、業者の比較です

 

今はインターネットで簡単に引越し業者を比較するサイトがありますから、こちらをまずは利用してください。

 

口コミ情報も掲載されていますし、スタッフのサービスや対応面も評価されています。

 

さらに、一括見積もりが出来るようになっていますから、こちらを利用することで複数の業者のかかる引越し料金を比べることが出来ます。

 

時期と日取りと時間帯をポイントに入れて、複数見積もりをしましょう。

 

そうすることで、費用を抑えた引越しが出来ます。

曜日の日取りを上手く決めて安く引越し料金にしよう

TOPへ