引っ越しの割増料金がかかる時間帯をしることでお得に利用できる

いつ引っ越しをしても同じだからと思っていませんか。

 

そんな風に考えている方は、少し損をしているかもしれません。

 

どの企業でも同じですが、忙しい繁忙期には料金が割り増しになります。

 

もちろん引っ越しも同じで、春の新生活が始まる3月から4月にかけて割増料金となります。

 

通常のシーズンに比べると約1万円から2万円ほどコストがかかってしまいます。

 

そうなると、繁忙期を避けたいと思うのが本音ですが、お仕事の都合や新学期がはじまってしまう学生にとっては、そう都合よくもいかないものでしょう。

 

ですが、そんな時でも諦めずに、よりお手頃で安く利用できる方法を探ってみましょう。

 

 

引っ越しの割増料金がかかる時間帯をしることでお得に利用できる

料金は日にちで変わる

基本的に、社会人の多くは平日に就業をして、土日祝日がお休みです

 

そうなると皆、お休みの週末を利用したいと考えるため、どうしても土日祝日が混みあってしまいます。

 

業者側からすると、割引サービスをしなくても自然と依頼が集中するため、この曜日に割引などは行われません。

 

また、依頼の件数も増えることから、約20パーセントほど割高料金で掲示されていることがほとんどです。もちろん、全国各地にある業者がすべてそうかというと、そういうわけではありませんが、大手などでは土日祝日は割高の設定になっている事がほとんどです。

 

また、日取りの良い日を選ぶ風習がある日本では、「大安吉日」を選ぶ方も多いです。その逆に「仏滅」では縁起をかつぐ人の依頼が減りますので、安くなる傾向がります。

 

 

 

時間帯によって料金が異なるのか

同じ日に依頼をしたのに、時間帯によって料金が違ったという事があります

 

一般的に、時間は午前、午後、フリーの3つが用意されていますが、中には深夜に行っているところもあります。深夜は割増料金がかかることが基本で、約30パーセント割増で掲示されている事が多いです。

 

しかし、作業中の騒音などもあるため、あまり深夜に行うのはおすすめできません。では、どの時間帯が一番おすすめかというと、午後が狙い目です。

 

午前中は朝8時また9時からスタートする所が多く、時間がある程度決められているため、スケジュール調整を行いやすいです。

 

しかし、午後便になると午前中の作業が終わった後で来るというシフトになるため、午前中の作業が長引けばその分後回しにされてしまいます。

 

これは、フリープランでも同じことが言えます。

 

フリーというのは、業者の都合に合わせるという意味なので、いつくるのかがわかりません。

 

一日中待機をしてなければならないため、料金が安く設定されていることがほとんどです。

 

 

 

引っ越し料金のまとめ

この様に、割増料金がかかる日程を調べておくことで、お得に利用することができます

 

とはいえ、荷物の量であったり転居先が遠ければその分料金がかかります。

 

プランで設定されている条件の範囲を超えてしまう時は、追加料金がかかりますので、一番安く抑えたいと考えている方は複数の業者から見積もりをとり、一番安くすむプランを探すのが一番でしょう一括で見積もりを取る事ができるところもありますので、便利なサービスを利用してお得に引っ越しをしてみませんか。

引っ越しの割増料金がかかる時間帯をしることでお得に利用できる

TOPへ