引っ越し料金を安くするための相見積もりのポイントとは

引っ越しすることが決まれば、次に行いたいことが依頼する業者探しです。良く知られている大手業者にすぐに依頼するのも良いですが、できるだけリーズナブルに引っ越したい場合には何件かの業者に見積りをしてもらうことが望ましいでしょう。

 

何かと物要りな引っ越しも、相見積もりすることで節約できるのです。

 

 

 

なぜ相見積もりしたほうがいいの?

引っ越し業者は全国的に非常に多いですが、同じ物量で同じ距離の引っ越しでも業者によって料金が異なってきます

 

会社の規模やスタッフの人数、またスケジュールの入り方などにより、基本料金の違いが出てくるのですが、中には1万円近くの差が出ることもあります。

 

そうなるとどうせするなら、安い所に頼むほうが断然お得なのです。

 

また後から商品破損などのトラブルが生じないためにも、信頼できる業者に頼むほうが安心です。

 

1件のみに見積もりをしてもらって決めてしまうよりも、何件かを見て比べるほうが、納得いく業者を見つけることができるでしょう。後から後悔しないためにも、少なくとも3件以上は相見積もりをしてもらうほうが良いといえるでしょう。

 

 

引っ越し料金を安くするための相見積もりのポイントとは

相見積もりは良い業者選びにもつながる

相見積もりをする最終的な目的は、できるだけ安い引っ越し料金の業者で引っ越したいからという人が多いでしょう

 

けれども料金面のみに注目していると、失敗することもあるので注意が必要です。

 

安くても商品を乱雑に扱われたり、いい加減な作業をされたりしては困るものです。

 

何件か比べるときには、料金面のみではなく、例えば電話対応の際の言葉遣いであったり、何かを質問したときの受け応えなども、チェックすると良いでしょう。

 

また、地域密着型の業者も評判が良いことが多いです。

 

地場ならではの親切で責任感のある業者も、相見積もりの際には含めてみると良いでしょう。

 

 

 

料金が安くなる業者探しのコツとは

件数だけたくさんの業者に見積りを依頼して、その額だけで決める方法は、あまり賢いとは言えません

 

料金を安くする方法として、まず各業者のプランをチェックしてみましょう。

 

まず業者によっては、引っ越しの日によって割引サービスをしている所もあります。

 

例えば仏滅の引っ越しが安くなったり、時間を決めないフリープランの割引システムを取り入れていたり、また混載プランがある所もあります。

 

六曜による縁起を気にしないのであれば、仏滅が安くなるプランのある業者で引っ越せば安く済みますし、時間を気にしないのであればフリープランを利用するのもひとつの方法でしょう。

 

混載プランというのは、例えば単身転居などの小さい引っ越しの際に、何人かの荷物を混載してトラックに積むプランであり、この場合皆で運搬費用などを分担するので一人分の費用が安くなります。

 

単身の場合はこうしたプランのある業者を利用するのも、ひとつの賢い方法なのです。

 

業者によっては、こうしたサービスプランがあるにも関わらず、きちんと説明してくれない所もあります。

 

こちらから質問するなどしてしっかり確かめて、使えるものは使ってお得に引っ越したいものです。

 

たくさん業者がある中で、このような割引サービスを調べてお得に活用すれば、よりリーズナブルに引っ越すことができるでしょう。

引っ越し料金を安くするための相見積もりのポイントとは

TOPへ