引越し業者をお得に利用したいなら早期予約割引がねらい目

引っ越す予定があっても、いつ引っ越すかという具体的な日時は時期が迫らないとなかなか決められないものです。たとえば、進学で一人暮らしを始めるのが明らかというケースであっても、大学の合格発表待ちであったり、合格後は家探しがなかなか決まらないなどし、結局、引っ越すのは入学式の数日前などギリギリになってしまうことが少なくありません。

 

また、急に転勤の辞令が出るなど思いもよらない引っ越しもあり、先々の引っ越しの予定を余裕を持って組むというのは難しいことが多々あります。

 

そのため、引越し業者への予約も引越し希望日のギリギリの段階になって舞い込んでくるなどし、作業のスケジュールが確定しないケースやバランスよく仕事が受けられないケースが生じます。

 

 

 

早期予約割引でお得に引越し

引越し業者としてはトラックが動かなければお金にならないので、毎日無駄なくトラックと作業員に仕事を配分したいと考えています

 

そのため、仕事の依頼はできる限り、効率的に確定をとりたいというニーズがあります。

 

そこで、希望日より早い段階で申し込みをしてくれたお客様には早期予約割引として通常料金から何%の割引をしたり、一律いくらといった割引サービスや特典を設けている引越し業者も少なくありません。

 

 

引越し業者をお得に利用したいなら早期予約割引がねらい目

 

早期予約割引を活用しよう

就職が内定していて3月の終わりからは社員寮に入るなど、予定が決まっている場合には場所や時期も明確になっており、早めの予約ができるケースです

 

また、転勤の辞令も年度始めなどに向けて早めに出され、官舎や社宅など転居場所もある程度明確になっていれば、早めの予約が可能です。

 

さらに新築住宅への転居や新しく購入したマンションへの移転も、原則として完成時期や引き渡し時期が明確になり工事なども順調に進んでいればある程度、移転する目安の時期が分かり、移転場所は明らかですので早期予約に向いています。

 

これに対して、賃貸住宅の住み替えなどで、まだ次の住み替え先が決まらない段階で引越しの日だけ先に決めても、本当に実現できるのか疑問が残ります。この場合は早期予約割引のお得な特典に気をとられず、確定してから予約をとるようにしましょう。

 

 

 

少し前でも割引が受けられる

早期予約割引というと、お正月のお節料理やクリスマスケーキなどのように2ヵ月、3ヵ月前どころか半年前から大幅割引キャンペーンが展開されたり、航空券の予約についても30日どころか、45日前、60日前と早く予約すれば予約するほど大きく料金がダウンするケースがあるため、引越し業者の場合も、何ヵ月も前に予約しないとダメなのだろうかと思う方もいるかもしれません

 

ですが、引越しの早期予約割引はそこまで早い予約を求める業者は稀です。

 

1ヵ前までならお得になる業者をはじめ、14日前や15日前など割と差し迫った時期でも早期予約割引の対象としているケースがあります。

 

これは引越しの特徴を反映したものであり、そう先の引越しの予定は立てられないことと、希望日の1週間前や10日前など差し迫った時期の予約が多いことが影響しています。

引越し業者をお得に利用したいなら早期予約割引がねらい目

TOPへ