引越し業者から相見積もりを取るときの注意点

引越し業者から相見積もりを取るときの注意点

引っ越しは、自分で行う又は引越し業者に依頼するという2択があります。

 

男手が確保できる方、トラックが用意できる方、近距離引っ越しの方は自分で行う方が色々面倒がありませんが、大半は自分で行う術を持っていないので引越し業者を利用しているでしょう。

 

業者に依頼する場合に気になるのは費用です。

 

同じ条件での引っ越しでも業者によって費用が変わってくるので、損をしたくないのなら見積もりをとって引越し業者を比較してみなくてはいけません。

 

 

 

相見積もりの取り方

複数の引越し業者から見積もりを取って比較するには、各社へ見積もり依頼をする必要があります

 

各業者に公式ホームページ又は電話から連絡を取ることで、近日中に大よその見積り額を出してもらうことができますが、1社ずつに連絡をするのも大変なので、引越しの一括見積りサイトを利用するのがいいでしょう。

 

ここではメールフォームに氏名、現住所と引越先住所、電話番号、建物情報、引越人数、引越日時を一度入力して送信すると、一括見積サイト提携の引越し業者複数社から相見積もりが送られてきます。

 

利点としては、1社ずつに連絡を取る手間が省け、各社が勝手に競合して見積り競争をしてくれるという点です。

 

また、他社の見積りを持ち出して値段交渉に使うこともできます。

 

 

 

業者に断りの連絡を入れる

見積もり自体は無料ですが、引越し日に合わせて業者はトラックを仮押さえしていますそのため出来るだけ早く業者を絞り込み、依頼する業者以外には断りを入れなくてはいけません。

 

業者によっては小まめに連絡をくれるため、その時点で断りを入れるのもいいですが、できれば自ら断りの連絡を入れるようにしましょう。

 

ただ、断り文句をどうしようか迷ってしまう人も少なくはありません。

 

業者相手とはいえ失礼のない断り方はないかと考えてしまいますが、他社と比較をしていることは知られているので、正直に答えても問題はないでしょう。

 

ちなみに、この時は値段交渉をするチャンスでもあります。

 

交渉の結果次第ではもちろん考えを変えても構いません。

 

 

 

訪問見積もりで最終比較

一括見積もりはあくまでも概算です

 

つまり、大よその金額になるので正確ではなく、見積もりの入力情報と作業内容にあまりにも差がある場合や追加の作業を依頼した場合は別途費用が加算されるので注意しなくてはいけません。

 

より正確な見積りを知りたい場合は訪問見積もりが必要です。

 

訪問見積もりは自宅へ業者の担当者を招き、現場を目視確認して見積もりを出してもらう方法です。

 

玄関が狭い、エレベーターがない、道幅がせまいなどによっては作業方法が変わってくるため、建物の構造や道路状況などをきちんと判断して正確な見積りを出します。

 

ここまですれば追加費用を取られることはほぼないでしょう。

 

さて、訪問見積もりをすることで概算見積もりから金額が変更される可能性があるため、一括見積もりで一番安い業者を1社絞り込んでもあまり意味がありません。

 

それを踏まえ、訪問見積もりは2〜3社に依頼することも必要です。

引越し業者から相見積もりを取るときの注意点

TOPへ