引越し業者に心づけやチップって渡す際のポイントとは

引越しを業者に頼む場合に、大変な重労働をしてもらうのに何か気持ちだけでも心づけやチップなどを渡したほうが良いのだろうかと、いろいろ考えてしまう人もいるでしょう。

 

特に寒い冬や暑い夏場は、過酷な気温の中で働く姿をただ見ているのも気を遣うかもしれません。

 

心づけやチップは、一般的には特に用意する必要はありませんが、どうしても何かしたいのであれば、渡すタイミングや適切なものを考えることが大切です。

 

 

心づけにふさわしいものとは

心づけにふさわしいものとして、一番良いのは冷たい飲み物です夏は勿論、寒い冬であっても重い物を運んだりして肉体労働をしていると汗をかくものです。

 

そんなときに冷たいドリンクを渡してもらったら、スタッフたちも元気が出るものですし、暑い季節には熱中症予防にもなります

 

渡す飲み物は、できれば缶タイプよりもペットボトルのほうが良いでしょう。缶のものは蓋がないので、誤って作業中に缶を倒してこぼしてしまっては大変です。蓋があるペットボトルであれば安心です。

 

アイスコーヒーは好き嫌いもあるので、熱中症対策にもなるスポーツドリンクや普通のお茶が良いでしょう。

 

そのほかにも、作業を終えた後に運転しながらつまんでもらえるちょっとしたお菓子のセットなども良いかもしれません。

 

ただチョコレートは暑い季節、溶けやすいので控えたほうが無難でしょう。

 

 

 

チップを渡すのであれば

飲み物やお菓子などを用意する時間もなく、やっぱり現金でチップを渡したいというのであれば、わざわざ封筒などに入れて特別に包むよりも、支払いの際に「お釣りは要らないので」というふうにさり気なく受け取ってもらうのが良いでしょう

 

そうすれば、スタッフも気を遣わずに済みます。

 

あまり大金をもらってもどうしたものか困ってしまうものですが、釣銭も取っておいてと言うくらいであれば、お互いに気持ち良いやり取りができます。

 

チップを渡すタイミングとしては、やはり作業を終えて少し落ち着いたときか、作業の前が良いです

 

満足のいく作業をしてもらった上で、感謝の気持ちを込めてちょっと渡すのが自然です。

 

もしくは休憩時間に、リーダーに千円札か小銭を渡して、「みんなでジュースでも飲んでね」と一言添える方法もあります。

 

一人一人に渡すのではなく、リーダーに渡すとスムーズに運びます

 

 

 

気持ち良く作業をしてもらうために

引越し業者のスタッフも、やはり人間です

 

ちょっとした気遣いをしてくれるお客さんに対して、いろいろとしてあげたいという気持ちになるものです

 

心づけやチップを渡すことは、スタッフのモチベーションを上げることにもつながります。

 

気持ち良く作業をしてもらうためにも、ジュースなどを渡すのは良いことです。

 

また心づけを渡す際に、「お疲れ様です」とか「ありがとうね、暑いのに〜」などと感謝の気持ちを伝えることで、お互いのコミュニケーションが取れて信頼関係も生まれます。

 

良い信頼関係ができれば、引越しもスムーズにいくことでしょう。

引越し業者に心づけやチップって渡す際のポイントとは

TOPへ