荷物が少ないならレンタカーを借りて引越しをする方法も

荷物が少ないならレンタカーを借りて引越しをする方法も

引越しを安く手早く行う方法の1つに、業者に依頼せず、自らレンタカーを借りて行うという方法もあります。

 

荷物が少ない単身者や学生さんが引っ越す場合など、ほとんど荷物がない場合にはわざわざ業者を頼むより、段ボールに詰め込んだ荷物を車を借りて運んだほうが安く済み、業者による訪問見積もりや作業の日程調整などの面倒な手間もかからず気軽です。ただし、荷物が少ないイコール、レンタカーのほうが安いわけではありません。

 

車を借りればレンタル料とガソリン代など、それなりの出費になります1日だけでなく2日、3日借りるともなれば出費はさらに大きくなります。最近の業者には荷物が少ない単身者向けの格安プランがあるうえ、業者ならかなりの遠方でない限り、1日内に作業が完了しますので、料金的にもお得な場合もあります。

 

 

 

距離が短い

荷物の量が多少多くても、レンタカーを使うことで引越しにかかる費用を抑えられるケースに、移転距離が短いケースが挙げられます

 

住み慣れた同じ町内の違うマンションに住み替えるとか、実家からスープの冷めない距離で一人暮らしや新婚での暮らしを始めるといったケースです。

 

業者の料金は基本的に荷物の量と移動距離で決まるため、距離が短いほど安いわけではありますが、あまりに近すぎれば、移動に関する最低料金を取られることになり、必ずしもお得とは限りません。そのため、業者にお願いしなくても気軽に行き来できる距離であれば、車を1日借りて、何往復かすることで費用を抑えて荷物の移動が完了できます。

 

 

 

手伝ってくれる人がいる

レンタカーでの引越しをする場合の必要条件となるのが、手伝ってくれる人がいることです

 

段ボール箱が数個で済むようなケースは別として、独りでは動かせないような重量やサイズの大きな家電製品や家具を運ぶ場合には、自分一人ではどうすることもできません。

 

業者に依頼しないのであれば、ご自身の家族または友達、親戚、近所の方など荷物の梱包や搬出入を手伝ってくれる方を探しましょう。

 

この点、一緒に引っ越す家族の協力だけで車を借りて移転が可能なら、それが一番安上がりになります。一方で、親族や友達、近所の方などにお願いする場合には、何らかの御礼が必要になります。

 

気持ちとしての金銭であることもあれば、食事を提供する、品物や商品券で御礼するという場合もありますが、いずれにしても車を借りる費用以外の引越しに伴う費用として認識し、業者に頼んだ場合の費用と比較して、いずれが安いか確認することが大切です。

 

 

 

キズ付け注意報

業者に作業を依頼した場合には、現在のお住いも新しいお住いにもキズが付かないよう養生を施し、荷物にもキズが付かないよう丁寧かつ慎重に作業してくれます

 

一方で、素人による搬出入では専門ノウハウも専門ツールもないため、家や荷物にキズをつけたり、作業中に思わぬケガをするリスクも否めません。

 

そのため、ご自身やお身内と作業をする場合にはインターネットの記事などを読んだり、引越し業者の作業プロセスなどをリサーチして、キズつかないように行わなければなりません。

荷物が少ないならレンタカーを借りて引越しをする方法も