より良い引っ越しをするために風水や占い六曜を上手に活用しよう

より良い引っ越しをするために風水や占い六曜を上手に活用しよう

引っ越しは環境が大きく変わることも多く、心機一転して運気が上がることを期待する人もいるでしょう。

 

新居の場所や間取り、また転居する日にちなどによっても、占いや風水ではいろいろな云われがあります。

 

運気を上げるためにも、そうした云われを上手に活用して引っ越すのがおすすめです。

 

 

 

六曜を利用して引っ越し上手に

昔から暦の上で六曜と呼ばれるものがあります

 

大安、友引、先勝、先負、赤口、仏滅の6つのことで、これらは転居の際にもいろいろと活用されることがあります。

 

まず家を変わるにあたっても、仏滅に作業を行うのはあまり縁起が良くないと言われており、これを信じて仏滅の引っ越しを避ける人も見られます。

 

やはり縁起の良い大安に引越す人が多いです。

 

けれども実はこの仏滅の日の引越しは、業者の中には料金の割引サービスを行っている所もあるのです。

 

引っ越しは何かと物いりなのでできるだけ節約して転居したいという人は、わざと仏滅に引越すのもひとつの方法です。

 

あまり六曜を気にしないのであれば、仏滅に安くなる業者サービスを使ってお得に転居してしまいましょう。

 

 

 

家を決める際に風水で注意したいこととは

転居する際には新居探しを行いますが、その際には風水を活用してみるのも良いでしょう

 

例えば、一戸建てでもマンションでも突き当りに当たる家はあまり運気が良くないとされています

 

住宅街でも一番奥の行き止まりの家の場合、そこに住むかどうかを慎重に考えたほうが良いかもしれません。

 

マンションの場合でも、廊下を歩いて一番奥の号室の場合はよく考えましょう。

 

そのほかにも風水では、マンションなどで周囲より特別に飛び出している高い建物の場合、そこに住むと心身が不調になりやすいなどと言われることもあります。

 

高層マンションの上階に住む場合などです。

 

高層マンションに引っ越すことを考えた場合には、周囲の建物とのバランスを見てみることも忘れないようにしたいものです。

 

そのほかにも、住居の建物の形は道路に面して長方形が良いと言われています。

 

また線路沿いで電車が家から見える場合、気の流れが悪くなることがあるので注意したほうが良いなど、さまざまな云われがありますが、マイナスの事項もプラスの気に変える方法もあるので、あまり悪いように考えないことも大切です。

 

突き当りにある家であってもどうしてもそこが気に入った場合は、インテリア家具の配置や掃除などによって運気を良くすれば安心です。

 

 

 

新居で家具やインテリアを置くときには

新居では、家具やインテリアをレイアウトしていきますが、その際にも運気が良くなるように工夫して配置すると良いでしょう

 

例えばテレビの横に鏡台を置くことはあまり良くないというふうに風水では言われています。

 

どうしてもテレビの横に鏡台を置きたい場合には、テレビと鏡台の間に小さな棚や椅子など何かしらを置いておきましょう。いろいろな点を少し気にするだけでも、運気は良くなります。

 

新居での生活がより良いものになるように、楽しく前向きに占いを取り入れてみてはいかがでしょうか。

より良い引っ越しをするために風水や占い六曜を上手に活用しよう