引っ越し,スタッフ,差し入れ

引っ越しスタッフに差し入れは必要?

大切な荷物を運んでくれ、重量のある家電製品から大型家具まで懸命に運んで汗を流しながら作業してくれる引っ越しスタッフに御礼をしたい、感謝の気持ちを伝えたい、労いたいという方、けっこういることでしょう。もっとも、業者によってはお客様から料金以外のものを受け取るのは一切NGとするところもあります。

 

とはいえ、チップなどお金は受け取らないケースでも、ちょっとした差し入れ程度なら受け取ってもらえる場合も少なくありません。

 

豪勢なものだと引いてしまったり、ものによっては困るものもあるので、心ばかりの気軽に受け取ってもらえるものが基本的にはおすすめです。

 

 

 

心遣いが嬉しい

どんな品物であるかという事よりは、労いの気持ちであったり、暑いときに冷たい飲み物を差し入れてくれたり、寒い時には温かいものをなど、その心遣いが嬉しいと感じるスタッフが少なくありません

 

つまり、高価なものだからいいとか豪華なものだからいいのではなく、値段などではなく心や気持ちがこもったものが喜ばれます。かつてコンビニなどが便利なお店や簡単に食べられる食品や場所などが、あまり発達していなかった時代には、手作りのおにぎりを差し入れるとか、お弁当やサンドイッチなどを調達してきて差し入れるなどをしていたこともありました。

 

もっとも、最近は作業の合間でも直ぐに食事ができる場所や、買いに行ける場所がありますし、猛暑など異常気象もあり、万が一食中毒などを起こしても困ります。よほど田舎で食べる場所も見つからにという場合でもなければ、手作りしてまで食事を用意するといったことはしなくていいでしょう。

 

 

 

飲み物やちょっと食べられるものを

差し入れとしてオーソドックスなのは、お茶やお水のペットボトルなどの飲み物です

 

作業中はやはり重労働で、暑い時期でも寒い時期でも喉が渇きます。

 

作業中の脱水症状などを防ぎ、喉の渇きや体調管理のためにも、飲み物は不可欠です。

 

飲みものの好き嫌いや、甘いジュースなどだとかえって喉が渇いたりと影響しやすいので、ミネラルウオーターや無糖のお茶が無難です。

 

男性スタッフに喜ばれるものとして、ブラックコーヒーか微糖のコーヒーあたりのチョイスがおすすめです。

 

小腹が空いたときや、ちょっとしたエネルギー補給になるようなチョコレートや飴、手で気軽に食べられる個包装のバウムクーヘンやカステラなどもありです。

 

高級な物だと遠慮されてしまうので、大袋に入ったものをバラしたり、もらい物の焼き菓子セットなどから少し差し上げるだけでも十分です。

 

 

 

持ち帰れるような日持ちのするお菓子など

その場で直ぐに口にできるような作業中のエネルギー補給や、喉の渇きを癒すものに加えて、作業の邪魔をせず、そのまま持ち帰れるようなものもありでしょう

 

冬場なら、たくさんいただいたミカンを1個ずつ差し上げるとか、焼き菓子などを特別に買っておいて、2個ずつくらい袋に入れて差し上げたり、おせんべいや甘い物などをいろいろ詰め込んだプレゼント袋を用意するという方法もあります。

 

わざわざ手間をかける必要はありませんが、ちょっとした心遣いで作業の疲れも労われます。

引っ越しスタッフに差し入れは必要?