引っ越し,トラック,大きさ

トラックの大きさで考える引っ越し費用と個人で出来る費用削減方法

引っ越しをするにあたり、必要になるのが荷物の運搬です。大家族である場合はそれだけ家具や荷物が多く、運ぶ量が多くなるため引っ越し料金も比例して高くなります。

 

基本的には引っ越し料金を決める要素として、移動距離や運搬作業を行う作業員の人数、トラックの大きさ等があります。その他にも頻繁に引越しがある時期や曜日によって多少の変動があります。できるだけ費用を抑えたい方は業者比較が手軽な方法ですが、意外と自分自身が行動することで費用を大きく削減できる場合もあります。

 

ここでは、トラックの大きさ別で見るある程度の相場や、費用を削減するコツ等について紹介します。

 

 

 

トラックの大きさで見る費用の相場

基本的なトラックの大きさに対してかかる費用の相場は、1トンで2万円程度と言われていますそのため、仮に4トンを1台使用するくらいの荷物の量であれば、8万円が相場となります。

 

ただ、持っていく先によっては大きすぎて入れない細い道に家がある場合もあります。

 

その場合は4トンではなく2トンの長めを2台利用して運ぶ可能性もあり、必要台数や作業員の人数が変わる事から、かかる費用もまた変わってきます。

 

大まかな見積もりの目安としてトラックの大きさで相場を見るのは問題ありませんが、この計算で算出した場合に、各業者によってついているサービス等は考慮されていない場合が少なくありません。業者によっては荷造りや荷解きを手伝ってくれるサービスや、持ってきたエアコンの設置まで行ってもらえることもあります。

 

ただ、こういった付与サービスは費用に組み込まれている可能性があるので、前述した計算方法で算出した費用よりも実際には大きくなってしまう可能性が高いと認識しておきましょう。

 

 

 

自分で出来る費用削減方法は?

引越しする場合、新しい家のローンを組んだりと既にお金がかかっている場合が多いので、せめて引越しの荷物運びにかかる費用は押さえたい、というのが本音です

 

出来るだけ小さなトラックで作業員の人数も少なくすむように、新しい家に移動する前に荷物を最小限にできるよう、見直しを行いましょう。

 

費用を大きく削減したい場合は、小物を一つずつ見ていくよりもより容量やサイズが大きい物に注目して整理していくのがお勧めです。

 

特に、あまり使用していない家電等はこの機会に手放してみるといいかもしれません。

 

使用していないと判断する目安としては、2年以上1回も使用していない家電です。季節ものに関しては年に1回のタイミングで使用することになると思いますが、2年以上1回も使用していないとなると、今後も使用する事はほとんどないと考えられます。運ぶだけでも費用がかかるので、使用できるものはリサイクルショップなどを利用してスッキリさせましょう。

 

 

 

自分で出来る事を行い、タイミングを見計らって引越すのが費用削減のコツ

何も考えずに業者に依頼するよりも、ある程度自分で荷物を整理しておき、タイミングを見計らって業者を利用するのが費用を削減するコツとなります

 

新しい家に引っ越す事を検討している方は、よりお得に引っ越すためにも荷物の整理や安くなるタイミングなど、予め把握しておきましょう。

トラックの大きさで考える引っ越し費用と個人で出来る費用削減方法