引越し業者,荷物,一時預かり

引越し業者では荷物を一時預かりするサービスを行なっています

転勤や新生活で引越しをする時、荷物を一時預かりのサービスを利用している方がいますが、これはどのような時に活用しているのでしょうか。

 

まず、一般的な事例が今住んでいる自宅をリフォームしたい時であったり立て替えの注文をしている方です。

 

そして、引越しをする方の場合は、転居と入居のタイミングがずれてしまい、荷物をどこにも入れる場所がなくなってしまったという事です。

 

転居をするには、まず市区町村の役場で転出入届けを出し、手続きをする必要があるのですが、これがうまくいかずにトラブルにあってしまった時は、入居する事ができずに困ってしまう事があります。

 

また、大家さんと日時のすり合わせが上手くできておらず、入居ができないというケースもあります。

 

しかし、以前住んでいた場所はすでに引き払ってしまっているため、手続きが完了するまで荷物はそのままにしておくという事はできません。

 

 

荷物預かりサービスを利用する

一時預かりのサービスを行っているのはトランクルーム専門の業者や引越し業者です

 

引越し業者に依頼をすると、引越の作業から預かりサービスまで一貫しておこなってくれるため、手間がかかりません。

 

ですが、しっかりとした制約があるため、これらを守る必要があります。

 

業者によって提供しているサービス内容や制約は違うので、まずは相違がないように申込み前に事前に確認をすることが大切です。

 

 

 

どのような流れで行われているのか

まず、依頼したい信頼できる引越し業者が見つかれば見積もりを依頼して本決まりであればそのまま依頼先を決定しましょう

 

ここで、荷造りなどご自身でできることを行い、引越しの当日には業者に自宅まで訪問してもらい、家具や家電などの荷物を搬出してもらいます。

 

不用品を回収してくれる業者もあるので、不用品の処分も同時に行うことが出来ます。

 

そして、ここからが預かりサービスになります。

 

搬出した荷物を保管庫へ担当者が責任を持って輸送を行います。

 

指定した日時まで保管庫で保管をしたあと、新居へと運びこまれます。

 

これをガレージサービスなどの専門業者に依頼をすると、二度手間になってしまうことがあります

 

どちらもしっかりと保管をしてくれるので、都合にあった方を選ぶのがいでしょう。

 

 

 

保管できるものと出来ないものを聞いておく

すべての家財道具を保管することができるのかというと、そうではありません

 

保管庫の大きさはあらかじめ決められているので、その量を越えた家財道具は入りきらないといったケースもあります。

 

そんなトラブルを避けるためにも、まずは訪問見積もりをしてもらうのが得策でしょう。業者にどれくらいの量を保管するのかを実際に目でみて確かめてもらうことで、後々に保管できなかったなどのトラブルを避けることが出来ます。訪問見積もりを行っていない場合は、見積もりの際に、サイズや量などを出来るだけ詳しく伝えておくことをおすすめします。

 

費用は、保管料やトランクルームの大きさまた預ける期間によっても異なるため、一時預かりをしている業者を比較検討してみてください。

引越し業者では荷物を一時預かりするサービスを行なっています