植木鉢の引っ越しはどうすればいいの?

植木鉢の引っ越しはどうすればいいの?

 

植木鉢の引っ越しはどうすればいいの?

 

引っ越しの際に頭を悩ませてしまうのが、植木鉢はどうやって持っていったら無難なのかと言うことではないでしょうか

 

植木鉢は実は引っ越し業者では運搬不可能なもので、ペットと同等の扱いでもあるのです。そのため植物の運搬は業者の方で拒否されてしまう場合もあります。

 

しかしすべての業者が運搬不可能というわけではなく、一部の業者では運搬可能な場合もありますので、引っ越し業者を選ぶ際には、植物の運搬も可能かどうかを予め確認しておくと、後で困ることにはなりません。

 

もしくは、自分で新しい引っ越し先に持っていくとよいでしょう。蘭や盆栽など高価な植物である場合は、花屋さんに委託した方がよいでしょう。

 

引っ越し当日までに準備しておきたいこと

植木鉢の運搬が、業者で出来る場合には、当日までに準備しておきたいことがあります

 

それは植木鉢の水抜きです。二、三日水がなくても枯れない植物であれば、数日前から水やりを控えることで、水抜きを行うことが出来ます。また水漏れや土が漏れてこないように、前日までにビニールなどで底や側面を覆っておくとよいでしょう。

 

梱包については、業者からあらかじめ指示があれば指示通りに梱包しておくとよいでしょう。

 

気を付けたいのは、植木鉢の土の重量はかなり重いため、大きなものであれば一個ずつ段ボールに詰めておくと、段ボールの底が破けて植物が破損してしまうトラブルを防ぐことが出来ます。業者によっては段ボールの上を開けたまま運搬してくれるところや、段ボールの上はきちんと閉めてガムテープで固定するように指示される場合もありますので、指示通りに準備しておきましょう。

 

また段ボールのよく見える場所には、植物が入っていることを記載しておくとよいでしょう。

 

自分で運搬する場合は、車の中が汚れないように新聞紙やビニールシートを敷いてから物を載せるとよいでしょう。

 

 

 

破損しても文句が言えません

業者に植物の運搬を頼んだ場合には、家具の運搬とは違い保険が適用されないことを予め理解してお願いしなければなりません

 

そのため、引っ越し業者で依頼する場合は、高価な植物は依頼しない方がよいでしょう。

 

夏場はしおれたり、枯れたりする危険性もあります。

 

また運搬の途中で花や枝が折れてしまっても、文句を言うことが出来ないので覚悟しておく必要があります。

 

 

 

持っていく植物を予め決めておきましょう

たくさんの植物がある方は、あらかじめ持っていくものと、処分しても構わないものを選んでおくとよいでしょう少しでも量を減らすことが出来れば、運搬料も手間などの負担も軽減させることが出来ます。

 

前の住所でゴミとして処分する場合は、すぐにゴミとして業者に引き取ってもらうのが難しいため、だいぶ前から計画を立てて準備しておきます。

 

また観葉植物の場合、余分な葉や茎が伸び放題になっていることもありますので、この機会に余分な部分を少しでも切り落としておくと、運搬が楽になります。少しでもコンパクトにしておくと、梱包も楽になるので、スムーズに運搬することが出来ます。

植木鉢の引っ越しはどうすればいいの?