エアコンの引っ越しの際の業者選びや注意点について

エアコンの引っ越しの際の業者選びや注意点について

引っ越しの際に、新居にエアコンがない場合には旧居の本体を取り外して新居に持って行くケースも多く見られます。

 

移設工事を行う際、業者選びなどによってスムーズに満足いく工事ができるかどうかが変わってくるものです。

 

まずは基本的なエアコン移設に関する知識を身に付けておきましょう。

 

エアコンの引っ越しの際の業者選びや注意点について

まずはエアコン移設の依頼業者を決めよう

まず決めなければいけないことは、移設工事をどこに依頼するかという点です

 

引っ越しを業者にお願いする場合には、業者のプランの中にエアコン移設が含まれており、その業者と取引している専門業者がすべてしてくれる場合もあります。

 

その際にも、移設に関する見積もり詳細を出してもらい、ほかで頼むのとどちらが安いか調べてみるのもひとつです。

 

中には旧居から新居へ行く運搬費用が高くかかってくる業者もあるので、運搬費用についてもきちんと聞いておきましょう。

 

引っ越し業者と取引している関係ではなくまったく別の業者に依頼する場合の選択肢としては、街の電気屋、ホームセンターなどの大量販店、また大きな電機店などがあります。

 

この中でおすすめは、街の近所の個人でしている電気屋です。小さくとも個人経営のお店は、責任もあり丁寧な作業を行ってくれますし、また近所であれば設置後のメンテナンスなどもお願いしやすいでしょう。

 

何かあったときにもすぐに声をかけれて、転居後もかかり付けの電気店として頼れる点も大きな魅力です。

 

依頼業者は、金額面やスタッフの対応、会社の実績などいろいろな面から判断して慎重に決めましょう。

 

何社かに相見積もりしてもらって決める方法もあります

 

 

 

エアコン工事の追加工事に関する確認は重要

業者が決まれば、まず絶対に確認しておきたいことが、追加工事が発生した場合の追加料金についてです

 

エアコンは新居に持って行ってみると、思うように設置工事ができない場合もあります

 

例えば壁に穴を開けなければならなかったり、ホースが短かったりすると、穴を開ける工事代や別途ホースを購入するお金などがかかってくるのです。

 

これは新居の設置場所の状態を見て、初めて分かることも多く、突然発生する追加費用に戸惑う人も見られます。

 

業者とトラブルにならないためにも、事前にきちんと業者と追加工事について詳細を聞いておくようにしましょう。考えられる追加工事と、その際に発生する追加料金について、具体的にまとめてもらうと安心です。

 

 

 

エアコンが不要になった場合には

旧居から新居へとエアコンを移設する場合、さまざまなパターンが考えられます

 

例えば新居に既に誰かが住んでいてそこに引っ越す場合には、新居で使っている機器が古いのでそれを処分して、旧居の機器と交換するケースもあるでしょう。

 

そうした場合には、古い機器のほうを処分する必要が出てきます。

 

この処分費用についても、業者によって額がさまざまです。

 

作業費に処分代も含まれていて無料で引き取ってくれる業者もありますし、そうかと思うと高額の処分費を取る業者もあるでしょう。

 

引き取り処分費用についてもきちんと確認しておくと、後で後悔せずに済むでしょう。

エアコンの引っ越しの際の業者選びや注意点について