ピアノの引越し料金について注意しておきたいこと

ピアノの引越し料金について注意しておきたいこと

 

ピアノの引越し料金について注意しておきたいこと

 

近年は子供のお稽古事でもピアノは人気があり、多くの家庭に1台は置いてあるような世の中になりました。

 

大きくて重い上に非常にデリケートな楽器であるために、引っ越しの際にはより慎重な運搬が必要になってきます。

 

乱雑に扱うと、外観がへこんだり傷が付いたりするだけでなく、音が狂うなどのトラブルが生じる場合もあるのです。

 

電子楽器の場合でも、鍵盤やペダルなどの機能に異変が生じることもあります。

 

繊細だからこそ、物件によっては特殊な方法で搬入出を行うケースも見られ、その場合は追加料金がかかってくる場合が多いでしょう。

 

 

 

ピアノ運搬に関する追加料金が発生する場合の事例とは

ピアノの引越し料金は、新居の建物の構造や周辺環境によって追加料金が発生するかどうかが決まります

 

事前の見積もりの際に、旧居に近ければ新居も下見に来てもらい、遠方の場合でもできるだけ具体的に物件詳細を伝えておくことが大切です。

 

例えば新居の玄関のドアが狭かったり、運び入れる部屋までの廊下が狭かったりすると、なかなか容易には運べません。

 

さらに二階へ上げるのに階段が急であったりすると、安全に運ぶことが難しくなります。

 

デリケートな楽器なので、斜めに傾けるなどの無理な作業をすることはできるだけ控えるべきです

 

そのような際に運び入れる方法が、吊り上げ法です。

 

これは建物の玄関からではなく、ベランダや窓から楽器を吊り上げて搬入する方法です。

 

新居を見て、もし玄関から楽器の搬入が無理になった場合は吊り上げ法が試されますが、その場合料金は追加になります。

 

またもうひとつ、割と多い事例として、新居の前道が狭くてトラックが家の前まで来られない場合も、追加料金が発生します。

 

家から離れた広い道路にトラックを止めると、そこから物件までスタッフで楽器を運ばなければなりません。

 

その労力費が取られる場合があるのです。

 

これは例えばエレベーターがない5階建ての団地で、5階まで階段で運ばなければいけない場合にも当てはまります。

 

楽器を抱えて歩く距離が長い場合に、こうした追加料金が発生してくるといえるでしょう。

 

 

 

ピアノの運搬料金があまり安い業者は注意しよう

できるだけ引越し料金は安く済ませたいと誰しも思うものですが、ピアノに関する費用があまりにも安い業者は、少し慎重に考えたほうが良いかもしれません

 

安いに越したことはありませんが、あまり安い業者は楽器の扱いが雑であったり運び方の知識がない場合もあるので注意しましょう。

 

ほんの少しの狂いでさえ音感に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。大切な楽器であれば、少し料金が高くなろうとも、実績と信頼のおける丁寧な業者に依頼するほうが安心といえます。

 

 

 

ピアノのみ専門業者に依頼するのも安心策

例えば物量の少ない引っ越しで、業者に頼まず荷物を自分たちで運搬する場合もあります

 

その際にもしピアノがあるのなら、無理して自分たちで運ぶのは危険です。

 

楽器以外は自分たちで運ぶとしても、楽器だけはプロのピアノ配達業者に頼むほうが安心です。

 

抱えて運ぶ際だけでなく荷積みの仕方や走行中の震動なども、楽器の状態に関係してきます。

 

プロに任せれば、走行中の揺れや震動にも耐えられるような荷積み方法を施してくれることでしょう。

ピアノの引越し料金について注意しておきたいこと