仏壇の引っ越しで知っておきたいこととは

仏壇の引っ越しで知っておきたいこととは

仏壇の引っ越しは、基本的には良くないことですが、高齢の両親を都市部に呼んで一緒に住む場合や、家の建て替えなどによる理由で、仏壇も移動させる件数が増えてきています。

 

また、高齢になって施設に入所する場合もあるでしょう。

 

移動させないといけなくなったら、まず「魂抜き」を、お寺の住職さんにしてもらわなければなりません。

 

浄土真宗では、「遷座法要」といって、住職さんに家に来てもらい、法要をしていただくなど、やり方は宗派で違うので菩提寺の住職さんに尋ねるといいです。

 

費用は交通費、お茶代、お布施でだいたい1万〜5万円が相場になっていますが、不安な場合は、お寺さんに電話して直接聞きましょう。

 

仏壇の引っ越しで知っておきたいこととは

運び方には十分注意しましょう

大切なご先祖様を移動させていただく訳ですから、運び方も細心の注意をはらいたいものです

 

仏壇の横倒しはだめとされていますので、立てにして運んでもらいます。

 

その際、転倒しないようにしっかりと固定しなければなりません。業者を選ぶ時には、仏壇の運搬に慣れていて、それでいて梱包の技術がある業者を選ぶようにします。

 

依頼しても断られるケースも耳にしますので、よく調べることをおすすめします。

 

大手の業者は引き受けてくれるところが多いです。

 

費用は、通常の費用に1万〜2万円プラスになります。

 

運送費は、大きさや距離でも違ってきますので、いくつかの業者で見積もりをしてもらうのが良いでしょう。

 

ご本尊やお位牌は、替えがきかない大事なものですから、風呂敷や梱包材に包んで自分で大切に運びましょう。

 

 

 

移動の日柄と新居での置場所で気をつけること

引っ越し業者が決まったら、移動の日柄も決めます

 

「大安」が良いといわれていますが、「仏滅」を選ぶと料金が安くなるというメリットがあります。どうしてもお仕事の都合がつかない方や、風習を気にしないという方などは検討されると良いでしょう。引っ越し費用を少しでも抑えられます。

 

新居への引っ越しが決まったら、次に置場所を考えなければいけません。

 

住居環境がそれぞれ違いますが、「南面北座」という位置に置くのが正しい置き方になります。

 

北側に背をむけて、正面を南側に置く置き方です。

 

大事に長く使うには、直射日光が当たらず湿気の少ない場所や、冷暖房の風が直接当たらない場所がベストです。

 

水回りの近くに置くと湿気で木が傷んでしまうので気をつけましょう。

 

 

 

「魂入れ」とお布施の準備はどうしたらいいの

良い場所に仏壇を置けたら、今度は「魂入れ」をしてもらいます

 

その際に準備するものは、お数珠、生花、ろうそく、お線香、そして住職さんに支払うお布施です。

 

魂入れも魂抜きと同様、宗派でやり方が違いますので確認をしましょう。お布施は、だいたい1万〜3万円ぐらいの相場になっていますが、不安な場合は直接お寺さんに尋ねると良いです。

 

先祖代々を奉った大切なものなので、ご先祖様に失礼のないようにしなければいけません。

 

それには、わからないことはきちんと調べたり、人に尋ねたりして解決策を見いだすことが必要で、誠意をもって運搬してくれる業者を探しましょう。

仏壇の引っ越しで知っておきたいこととは