引っ越しで不用になった家具の処分

引っ越しでは必ずと言っていいほど数多くの不用品が出てきます。

 

家電や日用品など様々な不用品がありますが、中でもベッド、タンス、テーブル、ソファなどの家具は大きすぎて簡単には捨てられないため困ってしまう方が少なくはありません。

 

うまく処分できないと新居に運び込むことになり、引越費用の負担増加に繋がってしまい、さらに捨てるタイミングも失ってしまうかもしれません。

 

そこで、捨てる方法をはじめてとして、どうやって捨てるのが一番効率よく損がないのかを確認して、無駄のない家具の片付けをしましょう。

 

 

引っ越しで不用になった家具の処分

 

大半は廃品回収に出している

大半の方は使わなくなったら廃棄しますが、もちろん地域のゴミ捨て場には出せないので、粗大ごみとして廃品回収を利用します

 

廃品回収をしてくれるのは自治体や専門業者ですが、一部の引越業者でも引き取りを行っています。

 

自治体に回収してもらうのが一番オーソドックスな手段です

 

自治体に収集を依頼し、取扱店でゴミ処理券を購入、回収場所に運んで廃棄します。

 

費用の一部は税金で賄われるため安く処分できますが、回収は2週間に1回程度で持込みとなるので手間がかかります。

 

持込みができない、色んなものをまとめて処分したい場合には専門の不用品回収業者を利用します。

 

業者に依頼して、自宅まで回収に来てもらい廃棄します。

 

業者が運び出してくれるので手間はありませんが、割高になってしまうので時間に余裕があれば見積もりを取って業者を比較をするのがいいでしょう。引越し業者も基本的なシステムは不用品回収業者と違いはありませんが、業者を使い分ける手間はかかりませんし、中には無料で回収してくれるケースもあるので、まずは相談してみるのがおすすめです。

 

 

 

譲渡すればお金はかからない

捨てるといずれにしてもお金がかかってしまいます

 

そのため出来るだけお金をかけずに処分したいのなら、知り合いなどに譲渡するのもいいでしょう。欲しい人を見つける手間はありますが、運搬も協力して行えば大きな負担ではありません。

 

また、オークションを活用するのもいいでしょう

 

ほぼゼロ円でも送料を持ってくれるのなら欲しいと思う人に譲ろうという気持ちで出してみるのもおすすめです。

 

梱包をしておけば宅配便の方に集荷に来てもらえるので、自分で運ぶ必要もありません。

 

 

 

買い取ってもらうのが一番お得

状態が良く中古品として問題なく利用できるならリサイクルショップに買い取ってもらう方法もあります

 

メリットはお金を貰って処分ができるという点です。ブランドものの家具なら高額査定も夢ではありませんし、ダイニングテーブルなどのセット品なら高価査定が期待できます。

 

買取業者の専門性、状態、製造年、需要などによるので一概ではないですが、相場は定価の10%〜20%程度とされています。

 

もちろん二束三文にしかならないようなものもありますが、無料引取りも可能なので廃棄するよりはお得でしょう。出張買取りに対応しているリサイクルショップなら、自分で持ち込む必要もありません。

引っ越しで不用になった家具の処分

TOPへ