大型コピー機を引っ越しで運ぶ場合は?

事務所や会社などを経営されている方の場合、引っ越しの際に困るのが大型コピー機の運搬方法ではないでしょうか。

 

通常の引っ越し業者では大型コピー機は重量扱いとされるため断られてしまう場合もありますし、受け入れてくれる業者では通常料金に上乗せして特別料金が必要な場合もあります。

 

現在は、重量のある精密機器を専門に行っている業者があります。

 

コピー機は精密機器でもあるため、一般の引っ越し業者ではなく、こういった精密機器を運んでくれる専門の業者に依頼した方が無難でしょう

 

業者選びは、様々な業者を見て確実に運搬してくれる技術があるかどうかを見極めながら選ぶことをお勧めします。

 

大型コピー機を引っ越しで運ぶ場合は?

大型コピー機は専門輸送で運搬

大型コピー機のような精密機器は、同じ引っ越しトラックの荷物台に載せて運搬することは基本的にありません

 

専門輸送のトラックで、しっかりと梱包を行い運搬されていきます。

 

また、大型過ぎて運び出しが難しい場合には、分解して運搬する場合もあります。

 

コピー機を運ぶためのトラックは、パワーゲートと呼ばれるトラックの後ろに昇降機がついているトラックを使用すると、重量のあるコピー機でも上げ下ろしが楽になります。

 

インクが運搬中にこぼれると大変なので、インクをすべて取り外した状態で運搬していきます。

 

また、コピー機に繋がれた配線なども外した方がよいと判断されるものは外してまとめた状態がベストです。

 

こうしたコピー機の分解や、配線の取り外しは機械のことを熟知したスタッフの手で行われます。

 

専任の担当者が同行し、大型コピー機の分解を行い、新しい住所へ運搬します。

 

新しい住所に到着後は分解した部品をまた元の状態へ組み立て配線や電力を繋げていき、正常に動作するかを確認する作業を行います。

 

 

 

万が一のことを備えて保険適用のサービスを選びましょう

大型コピー機は、非常に高価なものです

 

万が一のことを考えて、運搬中の事故に備えて保険適用のサービスがある業者を選んでおく必要があります。契約する時には、運搬中の事故があった場合にどのように補償が下りるのかをきちんと確認した上で契約をするとよいでしょう。保険の内容については各業者ごとに規定があり、それぞれ違いがありますので、比較検討しながら決める必要があります。

 

万が一、運搬後にトラブルが発生した場合には、コピー機メーカーで修繕が必要になることもありますので、予めメーカーの連絡先も当日用意しておくと安心です。

 

 

 

大型コピー機の運搬の際に準備しておきたいこと

コピー機の運搬の際には、特に注意したいことがあります

 

それは、スムーズに運搬するために、あらかじめどこを通って、どこに置くかを決めておくことです。特に、重量があるものなので運搬ルートや引っ越し先でのレイアウトがきちんと決められていないと余分な労力や運搬費用もかかってしまいます。

 

あらかじめ部屋の見取り図を描いて、業者ときちんと打ち合わせを行っておきましょう。

 

エレベーターがあるかどうか、搬入や搬出するためのスペースは確保出来るか、クレーン車を使用する場合はスムーズに移動することが出来るかどうかなども考えておくとよりスムーズに運ぶことができ、トラブルを防ぐことができます。

大型コピー機を引っ越しで運ぶ場合は?

TOPへ