金庫などの重量がある荷物は引っ越し業者に任せるのが一番

金庫を保管している企業または個人は決して少なくありません。

 

ですが、簡単に持ち運びができないように作られていることもあり、その重量は想像を超えています。

 

個人で引っ越しをすべて行う場合、どうしてもこの特殊荷物に苦戦をしてしまうものです。

 

では、どうすれば良いのかというと、やはり餅は餅屋ということで、引っ越し業者に直接依頼をして安全に運送してもらうのが一番です。

 

中には金庫などの特殊荷物を取り扱っていない業者もありますが、その多くでは持ち運びまで一貫して行ってくれるため、見積もりをとる際にスタッフまたは受付の担当者に相談をしてみるといいでしょう。

 

一般的な家具や家電、また企業ではデスクなどのオフィスアイテムとは違い、相当な重さがありますので、個人レベルでどうにかするには無理があります。

 

ご自身でするにしても、多くの時間と労力が必要になるでしょう。

 

また、慣れない人が持ち運びをしようとすると、怪我や事故の原因にもつながりますので、無理をするのはおすすめしません。

 

金庫などの重量がある荷物は引っ越し業者に任せるのが一番

 

専門業者に依頼しないとどんな危険性があるのか?

引っ越しにかかる費用は誰でも1円でも安く抑えたいという方がもちろん多いですが、友人や家族だけで作業を行っても安全なものとそうではないものが存在します

 

家電や家具は男性の手を借りればどうにか持ち運ぶことができますが、ピアノや大型の家電、たとえば冷蔵庫などは運搬するときに危険が伴います。

 

引っ越し業者は運搬のプロですから、安全に運ぶ方法を知っているため安全です。

 

特に金庫は男手があったとしても知識の少ない素人が手をだすと、あやまって床や壁に落としたりぶつけてしまい、損傷してしまう事があります。

 

賃貸物件の場合、その損傷を補修する必要があり、余計なコストが発生することが考えられるでしょう。

 

最悪の場合、怪我をしてしまいますので、重量のあるものはプロに任せるのがおすすめです。

 

転居先の建物にも運んでくれ、さらに希望通りのレイアウトをしてもらう事も可能ですので、スムーズに引っ越し作業が進むでしょう。

 

 

 

知っておきたい金庫の種類について

金庫といっても、防盗用と耐火用の2種類があります

 

泥棒に簡単に盗まれないようにするため、防犯に特化したものが防盗用です。

 

また、お札は紙で出来ていますので、簡単に燃えてしまいます。火災がおきたときにも大事な財産であるお金をまもってくれるのが耐火用です。

 

種類によって重量や大きさ、仕組みなどが異なりますので、引っ越し前に事前に業者側に連絡をしておくと、当日スムーズに運び出すことが出来ます。

 

 

 

不用品が出た時の整頓方法

引っ越しでは、金庫のように重要なものだけではなく、荷造りをしている時にどうしても不用品が出てしまいます

 

押し入れの奥にしまい込んでいて、いつ購入したのかもわからないような健康器具や衣類などは不用品回収業者に依頼をするか、リサイクル業者に持ち込んで買取ってもらいましょう

 

不用品をお金に換えることで、引っ越しの際にかかる費用にあてることも出来ます。少しでもお得に、そして無駄のない方法を選択することで、快適な引っ越しをすることが出来ます。

金庫などの重量がある荷物は引っ越し業者に任せるのが一番

TOPへ