引っ越しの荷物の片付けを効率良く行うためのダンボールの使い方

引っ越しは旧居での梱包作業をはじめ新居での片付けと、何かと労力も要りバタバタするものです。

 

できることなら効率良く、あまり体力も使わずに終えたいと誰しも思うものでしょう。

 

荷物の梱包や片付けは、実はちょっとしたコツと工夫で思いのほかにスムーズにいきます。

 

そのための鍵となるのが、ダンボールの使い方です。

 

 

引っ越しの荷物の片付けを効率良く行うためのダンボールの使い方

梱包の際のダンボールの使い方ポイント

まず旧居での荷物の梱包において不可欠なダンボールですが、これは業者でも有料でもらえますが、自分でもスーパーやドラッグストアなどで不要になっているものをもらってくることができます

 

できるだけ安く済ませたいのであれば、近所の店で自分で入手すると良いでしょう。

 

新居での開梱作業をスムーズに行うには、旧居での梱包の仕方がポイントとなります。

 

まず荷作りの際は、旧居での部屋ごとではなく、新居での部屋ごとに分けて詰めるようにします。新居の各部屋をイメージして、それぞれの部屋に置く物を頭の中で整理しましょう。

 

リビングに置く物、子供部屋に置く物というふうに、それぞれ分けて入れていきます。

 

そして詰め終われば蓋を閉じて、一番上にマジックでそれらを置く部屋を記しておくのです。「子供部屋」「寝室」「和室」といったふうに明記しておきましょう。

 

こうすることで、新居に運搬した際に、指定された部屋に荷物を運び入れることができます。

 

開梱時も物を持ってあちこち歩き回らなくても、効率良く部屋の整理ができるというわけです。

 

 

引っ越しの荷物の片付けを効率良く行うためのダンボールの使い方

 

まだまだあるこんな梱包方法

また上手に梱包することで、物の破損なども防ぐことができます

 

なかなか梱包するのが難しいものに電気のカサがありますが、中にはガラスでできているカサもあり慎重に運搬したいですが、そうしたカサを梱包する際もダンボールが役に立ちます。

 

まずカサの大きさに合う面積の箱を用意してカサを真ん中に置き、カッターでカサの高さギリギリまで箱の四隅に切り込みを入れます。

 

切り込みが入れられたら、それを内側に折り畳むようにしてカサを箱で包み込むのです。

 

あとはガムテープでしっかりと上部を止めれば出来上がりです。このように梱包しておけば持ち運びもしやすく頑丈で安心です。

 

ガラスの場合は、丈夫に赤いマジックで「割れ物注意」と書いておきましょう。

 

 

 

これで新居の片付けもスムーズに

そうして荷物を新居へと運び終えたら、開梱作業に入ります各部屋に置かれた荷物を出して行くのですが、その際に開梱し終えたダンボールがたくさん出てきます。引っ越し後は部屋の中が物だらけになるものですが、できるだけ空きスペースを広くすることも効率良く片付けるコツです。

 

そのために行いたいのが、ダンボールの整理です。

 

不要になった箱類はゴミの日に捨てますが、その日まではまとめてベランダに出しておけば邪魔になりません。

 

その際には、一番大きな箱はそのままの状態にして、ほかの箱はぺたんこに折り潰して大きな箱の中に縦に並べていくと良いでしょう。

 

そうすればコンパクトにまとまります。

 

このような方法で、大変な作業を軽減させて引っ越し上手になりましょう。

引っ越しの荷物の片付けを効率良く行うためのダンボールの使い方

TOPへ