引っ越し時の衣類の扱い

 

引っ越し時の衣類の扱いいざ引っ越しが決まったときに面倒なのは荷物の整理ですが、衣類に関してどのようにしているでしょうか。

 

まず引っ越しが決まった直後には、時期的に必要のない洋服を早めに片付けてしまいましょう。

 

これだけでも一気に片付けるよりは気持ちに余裕ができるので、大分楽になりますまた、確実にもう着用しないものが出てきたなら、利用している人も多いであろうフリマアプリなどで売ってしまうのも1つの手です。

 

この収入が新生活のスタートで必要な資金の足しにもなります。

 

フリマアプリなどを利用していない方なら、専用の買取店に持ち込んで売ることもできます

 

 

 

意外と知らない衣類の整理

意外に知らない人が多いのが、移動式の衣装ケースやタンスに入っている洋服は出す必要はないという点です

 

業者の方にそのまま運んでもらうことが可能なので、いらない洋服を整理したいなどという目的がないのであれば、時間短縮のためにも衣装ケースやタンスの中の衣類はそのままにして手をつけないでおくことをおすすめします。

 

中途半端に整理をして、逆に混乱してしまうという事態に陥ることにもなりかねません。

 

そして備え付けのクローゼットなどにハンガーにかけて所持している服は、業者の方に確認をしてハンガーのままで運ぶことができる専用のボックスにそのまま収納して運んでもらいましょう。

 

言わなくても用意してくれる業者もありますが、当日に焦ることがないように事前に必要な旨を伝えておくと確実です。

 

 

 

引っ越し時の衣類の扱い

段ボールに衣類を詰める

移動式の衣装ケースやタンス、また備え付けのクローゼットなどに入っている洋服以外のものに関しては、敢えてたたまずに段ボールに詰めていくのがポイントです

 

引っ越しを終えてからの新居で段ボールから洋服を取り出すとき、わざわざたたんで持ってきていたものが衝撃でグチャグチャになっていたりすることもあり、綺麗に洋服をたたんで段ボールに詰める行為はあまり効率的とは言えません。

 

どうしてもグチャグチャになってしまうのが嫌なら、重要なのは段ボールに詰める洋服はあらかじめ自分の中で理解しておいて、実際に詰めるのは前日の夜から当日の朝にかけてという方法です。

 

シワのつきやすいブラウスなどでも、この方法で新居に着いてからすぐに取り出せばシワなども最小限に抑えることが可能です。

 

 

 

最後に

衣類の整理で、どうしても迷ってしまう洋服がでてきたのなら、別の段ボールに詰めておくことで解決します新居に着いて少し落ち着いてから段ボールの中身を吟味してください。

 

洋服の整理に大事なのは、とにかく着ないものの処分と無心さです。

 

洋服にシワをつけたくないという思いは誰でもあるものですが、本当に気に入っているものは最初からハンガーにかけていたりするものが多いはずです。

 

重要なのは引っ越しの直前になって焦ることが無いように、前もって準備を進めておくことです。新居に移ってからも、あの洋服どこだっけなんてことがないように多少段ボールは分かりやすく種類別にしておきましょう。

引っ越し時の衣類の扱い

TOPへ