引っ越しの荷造りで用意しておきたい道具とは

引っ越しするとなると、まず荷造りをする必要が出てきます。

 

スムーズかつ安全に荷物を新居へ運搬するためには、上手な荷造りをすることが大切です。

 

あると便利な梱包道具を揃えて、手際良く荷物をまとめていきましょう。

 

近年は100均に行けば何でも揃うので、事前に必要な物を買い揃えておくと良いでしょう。

 

 

引っ越しの荷造りで用意しておきたい道具とは

 

ダンボールを準備する際のポイント

まず荷物を詰めるためにはダンボールが不可欠です

 

ダンボールの揃え方として、引越し代を節約したい場合は業者などに依頼せず、自分で箱を用意します。

 

近所のスーパーやドラッグストアなどに行けば、不要なダンボールを無料でもらうことができます。

 

箱を用意する際には、いろいろな大きさのものを選ぶのもポイントで、できるだけ丈夫な紙質のものにして、野菜などの生ものが入っていた箱は避けるようにします。

 

生ものが入っていた箱は湿って弱くなっているほかに、虫が付いている場合もありますので、お菓子や日用品などが入っていた箱が清潔で使いやすいでしょう。

 

 

引っ越しの荷造りで用意しておきたい道具とは

 

梱包に役立つ道具は

次に梱包に必要な道具として、ガムテープや養生テープを用意します

 

ガムテープはできればマジックで書ける材質のものがおすすめで、テープに文字が書ければ使い勝手が広がります。

 

またロープや麻ひも、プチプチや新聞紙も必要です

 

本はダンボールに詰めると底が抜けやすいので重ねてロープで縛りますが、その際にも麻ひもがあれば便利です

 

100均へ行けば、これらはほとんどが揃います。

 

食器の梱包はプチプチや新聞紙があれば、特に業者に頼まなくとも十分ですし、マジックは黒色だけでなく「割れ物注意」などと書けるように赤色もあると便利です。

 

また日常的に使っているタオルや毛布も、割れ物を梱包する際に使うことができますし、要らなくなったTシャツやハギレなども、食器などを梱包する際に使えます。

 

ダンボールの下に敷き詰めることで、クッション代わりにもなるでしょう。

 

 

 

こんなものもあればいい

そのほかに引っ越しの荷造りの際にあると便利なものとして、軍手や雑巾が挙げられます

 

いろいろと荷物をまとめていると、素手でしていると手を切ってしまうこともあるので、軍手をはめて行えば怪我の防止にもなります。

 

雑巾も、埃をかぶっている日用品などを拭くのに必要です。梱包する前に綺麗にしておけば、新居に着いて開梱する際に手間が省けます。

 

また六角レンチなどの工具も、持っていると役に立ちます

 

例えばベッドや棚などで解体したほうが運びやすい物も出てきます

 

小さくてコンパクトな工具セットがあれば、何かと使えることでしょう。

 

そのほかにも、ビニル袋や輪ゴム、荷札などもあると良いかもしれません。

 

ビニル袋は、解体した際に取っておくネジを入れておくのにも使えます。ネジ類はなくすと大変なので、きちんと袋に入れて保管しておく必要があります。

 

荷札は100均でも売っており、はじめから「割れ物注意」と書かれた赤いものもあります。

 

赤いマジックで書かずに、こうした荷札を付けておくのもひとつの方法です。

引っ越しの荷造りで用意しておきたい道具とは

TOPへ