引っ越し荷物の破損・紛失のトラブルに対処する

引越し業者に作業を依頼すれば手間なくスムーズに引っ越しができて便利ですが、その反面では業者と荷送人とのトラブルも少なくはありません

 

問題が発生した時にどう対処したらいいのか分からないと拗らせてしまう可能性もあるため、事前に国土交通省が定めた引っ越し契約上のルールを確認しておきましょう。

 

このルールを記載したものを標準引越運送約款といいます。

 

見積書と一緒に提出されているはずなので、この約款を基準に対処方法を確認してみましょう。

 

 

引っ越し荷物の破損・紛失のトラブルに対処する

 

引っ越しでは荷物事故が起きる

引っ越しでは一度に多くのものを移動させますが、搬出、運送、搬入という3つの条件をうまくクリアしなくてはいけません

 

お客様の大切な荷物なので当然作業員は気を配って運びますが、人の手で行うことを踏まえれば、階段に躓いたり、壁にぶつけたり、地面に落としてしまったりというトラブルも発生します。

 

ただ、もし荷物の破損等が見つかっても泣き寝入りする必要はありません。標準引越運送約款では、第二十二条の法律を遵守するよう取り決められています。

 

簡単に説明をすると、自分や運送会社のスタッフが、荷物の荷造りや受取、また引渡しから保管にいたるまで、運送に関し注意を怠らなかったことを証明する事ができない時は、荷物の損失で発生する損害賠償の責任を負い、速やかに賠償する必要があると記載されています。

 

つまり、引越し業者側の責任によって荷物が破損等した場合には業者が賠償すると言っているのです。

 

 

 

荷物の破損や紛失の補償

引越し業者の対応の仕方としては、修理可能なものは修理して、修理不可能なものは金銭によって補償するのが一般的です

 

ちなみに紛失に関しては作業中の隙を狙った盗難事件の可能性もあるので警察への届け出が必要になる場合もあります。破損や紛失に気づいたら早急に業者に連絡をするようにしてください。

 

その場で気づいたらすぐに現場担当者に報告、作業終了後に気づいたら責任担当者に連絡をします。

 

具体的な検証や補償については後日、責任担当者と行うことになります。

 

約款によると補償期間は引っ越しから3ヶ月以内としているので、それ以降の補償は受け付けてもらえません。破損していたら困るものなのは、できるだけ当日に確認しておくことをおすすめします。

 

 

引っ越し荷物の破損・紛失のトラブルに対処する

 

業者が補償に応じない場合は

こうした補償で重要となるのが引越し業者側に責任があるかという点ですなので作業終了後の連絡に関しては、より補償が厳しくなる可能性はあります。例えば、段ボールの中身が破損していた場合、梱包資材に使用していた段ボールに潰れている、破けているなどが見られない場合は検証が難しいでしょう。

 

また、「傷は最初からついていた」などの押し問答になることもあります。運送業者とのトラブルを避けるため、荷送人が自分で加入する運送保険を契約する人もいます。

 

これは引越し業者を介して加入するので、気になる方は見積もり段階で保険料も合わせて聞いてみましょう。目安ですが上限1000万円の補償で保険料は1000〜2000円程度なので、大きな負担にはなりません。

引っ越し荷物の破損・紛失のトラブルに対処する

TOPへ