引っ越しの際に壊れ物が生じるのを防ぐための荷造り方法とは

引っ越しをする際に誰しも心配になるのが、荷物の破損です。

 

食器類や花瓶、額縁など割れやすい物はいろいろとあるでしょう。

 

壊れ物なく引っ越しを終えるために何より重要なのは、荷造りの方法です。

 

荷造りの時点でちょっとした工夫や方法により、荷物が破損する確率は大きく減るはずです

 

上手に荷造りして安心安全な引っ越しにしましょう。

 

引っ越しの際に壊れ物が生じるのを防ぐための荷造り方法とは

 

 

割れ物の代表、食器はどう梱包すれば良い?

やはり割れ物の代表は、食器類でしょう

 

思い出深い大切な食器や、海外で入手した宝物のような食器などが引っ越しのために破損してしまっては非常に残念です。そうならないためにも、荷造りの際に割れない工夫をしましょう。まず食器梱包材は引っ越しを業者に依頼するなら業者にももらえます。

 

業者によって無料か有料かも異なってきますが、それらを頼むのもひとつです。

 

業者の物を使わずに梱包する場合は、まず厚めの大きすぎない段ボールを用意して、底にプチプチを敷き詰めます。

 

そして食器は茶碗は茶碗、コップはコップというように同じ形の物は2つか3つずつ重ねて、新聞紙でくるんでからさらにプチプチで包み込みます。

 

ポイントはこうして包み込んだ食器を段ボールに詰める方法ですこの時に、段ボールの中に隙間ができないようにできるだけぴったり窮屈に食器を詰めていきます。

 

隙間ができると食器が動いて割れやすくなるのです。

 

もし隙間ができる場合は、新聞紙やプチプチをぎゅうぎゅうに押し込んで、できる限り食器が動かないようにしましょう。

 

そして必ず、段ボールの蓋部分には赤いマジックで、「食器、割れ物注意」などと明記しておきましょう。

 

 

 

電気のガラスのカサの梱包方法について

梱包で難しいものに、電気のカサがあります電気のカサにもガラスなどの壊れやすいものがあるので、慎重に梱包したいものです。

 

こうした電気のカサは、まずその大きさに合った段ボールを探してきて、箱の上にプチプチを敷き、その上にカサを置きます。

 

まずはプチプチでしっかりとカサのガラスの部分を包み込みましょう。

 

次にカッターで箱の4隅に切り込みを入れ、4隅を内側に折り込んで、カサを包み込むように段ボールでくるんでしまうのです。

 

あとはガムテープでしっかりと上部を止めれば、カサすべてが隠れる頑丈な梱包ができます。

 

これも赤いマジックで上部に、「電気ガラス注意」などと書いておくと安心です。

 

 

引っ越しの際に壊れ物が生じるのを防ぐための荷造り方法とは

 

炊飯器や毛布などが割れ物の荷造りに役立つ

いろいろな割れやすいものを守ってくれるのが、炊飯器や毛布です

 

例えば小さな電球などは、炊飯器に入れて運ぶと安心です。

 

炊飯器の中にタオルを敷いておき、プチプチで何重にも包んだ電球を入れてさらに上にタオルを置いて電球が動かないようにして炊飯器の蓋を閉じます。

 

こうすることで炊飯器の窯を傷つけることもなく、電球を守ることができるのです。

 

また額縁や鏡台などを運ぶ際に役に立つのが、毛布です。

 

毛布でそれらを包み込むことで、鏡やガラス部分を養生することができるのです。

 

毛布は何かと便利なので、布団ケースに仕舞ってしまわずに上手に活用しましょう。

引っ越しの際に壊れ物が生じるのを防ぐための荷造り方法とは

TOPへ