引っ越しでオーディオやテレビなどの配線には目印をつけておこう

引っ越しは新しい生活をワクワクどきどきした気持ちで迎えるとても大きなイベントではありますが、その後はテレビやパソコンなどの配線が大変だと言う方が少なくありません。

 

配線などは、引越しをする時にすべてを抜いている事ことから、いちからつなげる必要があります。

 

しかし、こうした面倒な作業は、事前にちょっとした工夫をしておくだけで、とても簡単に元通りにすることができるのを知っていましたか?

 

線を抜く前にしておきたい事

 

引っ越しでオーディオやテレビなどの配線には目印をつけておこう
オーディオなどは複雑に配線が入り組んでいるため、どれがどの場所の線なのかわからなくなってしまいます

 

どれに似たような色なので、さし間違えてしまってショートしてしまう危険もありますので、まずは目印をつけておくことをおすすめします。

 

繋がっている所のさし口すべてに目印をつけておくことで、すべて抜いてしまっても後でつなげやすいといったメリットがあります。

 

マジックを使うと落とすことが出来ないので、水性のインクを使って印をつけていきましょうマジックじゃなくても、カラーテープで代用することもできます。

 

合わせをするだけで、簡単に差し込み口を見つけることができて便利です

 

これをすべての配線にしておくことで、再度接続するのもとても簡単になります。

 

 

 

引っ越しでオーディオやテレビなどの配線には目印をつけておこう

家電とコードは一緒に梱包しておこう

家電はテレビやパソコンなど比較的大きいものが多いので家電どうしで集めてしまいがちですが、こうすることでどのコードがどの家電のものなのかが分かりにくくなってしまいます

 

そこで、家電とそこに接続していたコードを一緒に梱包しておくことで、他の家電の配線と間違える心配もなく、また探す手間も省けます。

 

特に電化製品は「規格」が存在しています。

 

規格外のものと合せると、電化製品ですから壊れてしまう可能性もあります。

 

せっかくまだ使える家電であれば、とてももったいない事になってしまいますので、家電とコードの種類に充分注意をして梱包する必要があるでしょう。

 

テレビやオーディオなどは高価なものなので、特に注意する必要があります

 

 

 

整理整頓が大切です

引っ越し後にすぐに荷解きをすることができるように、予め整理整頓をしておくといいでしょう

 

ダンボールを使って梱包をしていきますが、何処になにをしまったのか分からなくなると新居ですべてのダンボールをひっくり返すことになり兼ねません。

 

まずは、一軒家の場合はどの部屋に入れるのかをマジックなどで大きく書いておくといいでしょう。例えば、寝室に運ぶにもつなら「2階・寝室」、玄関に置いておく荷物ならば「玄関周り」などでいいでしょう。

 

キッチン用でもコップや食器など数種類あり、何処になにを入れていたのか分からなくなってしまいますので、その時は「キッチン・食器」などと書いておくと便利です

 

すべて部屋ごとに分けて整理整頓をしておくと荷解きが楽になります。ダンボールは透明なつくりではないので、どうしても探しにくいといったデメリットがありますが、こうした整理整頓の仕方を知っているだけでも違うのではないでしょうか。

引っ越しでオーディオやテレビなどの配線には目印をつけておこう

TOPへ