引っ越しの不用品処分にリサイクル業者を活用する

古くなった家具、壊れた家電、使わない雑貨類など引っ越しの荷造りをしていると多数の不用品が出てきます。家の中をまっさらにして全て片付けるなんて経験は引っ越しくらいでしかできないので、整理整頓をするにもいい機会でしょう。

 

しかし困ってしまうのは不用品の処分です。初めてのことではどうやって処分するのか、どこに処分するのか、処分にかかる費用はどのくらいか分からないことだらけです。

 

早めに処分しないと荷造りも進まず、新居に不用品を運び込むことになってしまう可能性もあります。そうした面倒をおこさないために、不用品の処分方法を確認してスムーズな引っ越しをしましょう。

 

 

 

不用品の処分方法は5つ

引っ越しの不用品処分にリサイクル業者を活用する

不用品の処分方法は大まかに分けると自治体の廃品回収、廃品回収業者、引越業者、個人的に譲る、売却するという5つの方法があります

 

手間が省けるのは廃品回収業者や引越業者に引き取ってもらう方法ですが、料金はそれなりにかかります。対して回収料金が安い又はプラスになるのは自治体の廃品回収や譲渡や売却する方法ですが、手間はかかってしまうでしょう。

 

手間や料金を考慮して決める必要があるので一概にどの手段が有効かは言えません。

 

そのため、それぞれの特徴を理解して使い分けることが必要です。一つの判断基準ですが、譲渡も売却もできないような状態のものは廃棄しかありませんし、売れる物は売却してしまった方がお得です。

 

 

 

リサイクル業者には無駄がない

手間はかかるものの、不用品処分にリサイクル業者は活用しておきたい存在です

 

ここでは洋服、家具、家電、本、CD・DVD、雑貨類などあらゆる中古品の買い取りをしてくれます。お金を貰って処分ができるので、引越費用を抑えたいという方におすすめです。

 

さて、一口にリサイクル業者も言っても大別すると、特定の商品の買い取りをしてくれる業者と何でも買い取りしてくれる業者に分けられます。

 

例えば家電を買い取ってほしい場合は家電専門の買取業者の方が高査定が期待できますが、一般買取業者は他の不用品もまとめて買い取ってもらえるので面倒がありません。

 

考え方としては、高く売りたいなら専門買取業者を、まとめて売りたいなら一般買取業者を利用しましょう。

 

 

 

回収と買取の費用差

一般家庭で使われる家具や家電の中古品の買い取りでは、査定額は期待できるものではありませんただ処分するよりはお得だから利用すると考えるのがいいでしょう。

 

廃品回収を利用した場合、自治体は一部を税金で補えるので1点数百円程度、専門回収業者は基本料金が3000〜5000円で1点数千円程度、引越業者は1点数千円程度かかります。

 

これを踏まえると査定額は期待できなくてもリサイクル業者を利用したほうがいいのが分かります。

 

また、査定できない商品も場合によっては無料引取りをしてくれるので、ゴミとして処分するより損がありません。

 

リサイクル業者なら出張買取りをしてくれることもありますし、宅配で送ることもできるので必ずしも持ち込む必要はないでしょう。

引っ越しの不用品処分にリサイクル業者を活用する

TOPへ