引越しで出た粗大ゴミはどうする?

引越しで荷物の整理をしていると、不要な大型ゴミが意外なほど生じるのが一般的です。今まで使わないまま忘れ去られていた古い家電製品や壊れかけた家具など、引越しの機会に新居で家具を買い替えをしたり、要らない物は処分することで荷物の量も減らせて搬出入もスムーズになります。引越し料金というのは荷物の量と移動距離、作業の手間などの大きさに比例して高くなりますので、荷物の量が少なくなるほど料金を安く抑えることができます。

 

ですので、なるべくであれば、搬出しながら整理したり、新居に搬入後にやっぱり要らないとするのではなく、料金を決める見積もり前に粗大ゴミを処分しておきたいものです。

 

 

引越しで出た粗大ゴミはどうする?

 

地域の有料ごみへ

引越しで出た粗大ゴミはどうする?

粗大ゴミの処分先として選択肢の1つに挙げられるのが、地域で回収している自治体の有料ゴミとして処分することです

 

お住いの地域にもよりますが、30センチ四方を超えるものなどが粗大ゴミとして扱われ、大きさなどによって料金が異なってきます。自治体によるごみ回収ですので、一般的に料金は低額に抑えられていますが、ご自身で玄関先など所定の場所まで運び出しておくのが原則で、時間指定でお部屋まで取りに来てくれるといったサービスはありません。

 

方法は自治体ごとに異なりますが、地域のゴミ回収センターなどに電話またはインターネットから予約をとり、粗大ゴミの料金チケットを販売している役所か近隣で指定されたスーパーやコンビニなどで購入し、張り付けたうえで、回収当日の朝までに所定の場所に置いておくという流れになります。

 

 

 

業者に引き取ってもらう

重量がある大型ゴミなど自力での移動が難しい物や、リサイクルに回せそうなものや、まだ使えそうなもの、価値がありそうな物であれば、ゴミとして出す前に不用品回収業者に査定に来てもらうのもおすすめです

 

出張料や査定料が無料の業者に頼んで、不用品を買い取ってもらえるか、無料回収が可能か、有料処分ならいくらかかるかを確認しましょう。

 

製造から5年内で正常作動する家電製品やブランド家具などは、買い取ってもらえる可能性があります。

 

一方、買取は無理でもリサイクル等に回せるものは無料回収をしてもらえることがあります。

 

買取や無料回収と合わせて有料回収をしてもらえば、トータルでコストを安く抑えられる場合もあります。

 

 

 

引越し後に出た粗大ゴミは

新居に荷物を搬出してから、やっぱりこの部屋に合わないから処分して買い替えようと考えたり、予想外にゴミなどが出た場合は、新たな地域で粗大ゴミとして有料処分に出したり、不用品回収業者を後から呼ぶこともできますし、引越し業者に相談するのも1つの方法です

 

引越し業者によっては不用品回収業や買取業も兼ねているところがあるほか、不用品を有料処分するサービスがあるのが一般的です。

 

料金はかかりますが、事前に見積もりをしてもらえますので、納得がいった場合にはお願いしましょう。

 

新居への荷物の搬入とゴミの整理がスムーズに終わるので、直ぐに快適な生活が送れるようになります。

引越しで出た粗大ゴミはどうする?

TOPへ