引っ越しの際の旧居と新居の掃除の仕方について

引っ越しするにあたって、家を引き払う際に旧居を綺麗にして行くことはマナーでもあります。

 

また新居においては、引っ越し作業をスムーズに行うためにも効率の良い掃除を行うことが大切となるでしょう。旧居と新居それぞれにおいての掃除の仕方のポイントを抑えて、上手に引っ越し作業をしていきましょう。

 

引っ越しの際の旧居と新居の掃除の仕方について

 

 

旧居を出るときの掃除のポイント

引っ越しの際の旧居と新居の掃除の仕方について

旧居を出るときに掃除をしておくことは、今までお世話になった大家さんや管理会社への感謝の気持ちを表すものでもあります

 

新居へ運ぶ荷物とは別に、自分が持参しておく貴重品などと一緒に、捨てても良い雑巾やほうきを一枚残しておきましょう。

 

荷物を全部出してしまったら、雑巾でサッと床を拭きます。

 

新居へと移らなければならないので、あまり時間もありません。埃や目立つゴミを拭き取る程度で良いでしょう。ベランダや押し入れの中も、掃いたり拭いたりしておきます。

 

こうした作業はマナーだけでなく、旧居に置き忘れている物がないかをチェックすることもできるので、部屋の中をぐるりと一通り綺麗にしながら見回ると良いでしょう。

 

 

 

新居でまずやっておきたいこと

引っ越し先では運んだ荷物を開梱して整理して行かなければなりませんが、まずは大きな家具を置く床部分が綺麗でなければ困るでしょう

 

旧居と新居があまり離れていない場合には、引っ越し日までに新居を訪れて床などを綺麗にしておくと安心です。

 

そうすればスムーズに家具や電化製品などをレイアウトしていけます。

 

当日まで行けない際は、家具などを配置する前にまずは一通りサッと雑巾がけか掃除機をかけましょう。またコツとして、床の次に早めに綺麗にしておくべき個所は収納スペースです。

 

例えば押入れの中や備え付きの下駄箱の中などは雑巾で拭いて、いつでも物が仕舞える状態にしておきます。収納スペースが汚れていると、なかなか荷物を仕舞うことができず片付けに時間がかかってしまいます。

 

効率良く片付けるためにも、床と同様に収納スペースにおいても先に掃除しておくよう心がけたいものです。

 

 

 

ゴキブリやダニが気になる人は害虫駆除のクリーニングをすれば安心

綺麗好きな人や虫が苦手な人は、新居でのゴキブリやダニなども気になるかもしれません

 

こうした害虫は、業者のトラックの中で荷物に付いてしまう場合もありますし、新居に住み付いているケースもあるでしょう。

 

業者の中にはオプションのひとつとして、トラックの荷台や部屋の中において害虫駆除のクリーニングを行っている所もあります。

 

気になる人はそうしたオプションを利用するという方法もあります。

 

また自分たちでも、細々した小物類などを片付けていく前に一度防虫剤をたく方法もあります。

 

例えば食器などはダンボールから出さずに置いておき、キッチンに殺虫剤を使用します。

 

そうして害虫クリーニングを行ってから、食器棚を綺麗に拭いて、それからダンボールを開梱して食器を棚に並べて行くと害虫に関する不安も減ることでしょう。

 

住む前に納得のいく形で清潔な住まいにしておくと、新生活も気持ち良くスタートできるでしょう。

引っ越しの際の旧居と新居の掃除の仕方について

TOPへ