引っ越しをしたら運転免許証と車庫証明の変更手続きを忘れずに

引っ越しをする場合、特に忘れがちなのが運転免許証と車庫証明の変更手続きです。

 

運転免許証は変更手続きを忘れても、車の運転が出来なくなるわけではありません。

 

しかし、色々な手続きをする際に住所や本人確認をするための身分証的な役割を果たします。

 

他にも、免許の更新期限間近になると免許所に記載されている住所に更新のはがきが届きますので、きちんと住所変更をしておかないと前の住所に届いてしまったり、宛名人不在で送り返されてしまう場合もあります。更新手続きをするのを忘れてしまう原因にもなるため、引っ越しをした際には必ず変更の手続きを行っておきましょう。

 

 

引っ越しをしたら運転免許証と車庫証明の変更手続きを忘れずに

 

住所変更手続きを行う時に必要な書類

引っ越しをしたら運転免許証と車庫証明の変更手続きを忘れずに

運転免許証の住所変更手続きを行う際に必要なのは、運転免許証と新しい住所が確認できる書類、印鑑等になります

 

住民票の写しや、新住所が記載されている健康保険証、年金手帳、新住所に届いたガスや電気の公共料金の領収証も持っていくとよいでしょう。

 

他にも、他都道府県から引っ越しをした場合には申請用写真が必要となる場合もありますので、あらかじめ運転免許センターで必要なものを確認しておいた方があんしんです。

 

 

 

運転免許試験場以外でも行うことができます

住所変更は、運転免許試験場以外の場所でも行うことが出来ます

 

運転免許更新センターや警察署、交番等です。

 

時間がない方は、引っ越し先の警察署で手続きを行えば短時間で済ませることが出来ます。ただ、これには条件があり、同一の県内での引っ越しであれば警察署での手続きが可能ですが、違う県に引っ越す場合はできない可能性もありますので注意が必要です。

 

警察署での受け付け時間は、警察署によって違いがありますが、9時から16時の平日であれば基本的に問題ありません。

 

土日や祝日、年末年始の受付は行っていないので気を付けましょう。

 

運転免許センターや試験場の場合は多くの人が殺到するため、手続きに時間がかかってしまうというデメリットがあります。

 

ただ、警察署に比べて運転免許センターや試験場の場合だと、場所によっては土日も行っている場所もあります。

 

お昼の時間帯は受付停止である場合や受付時間が15時までというところもあるので、出かける前に念のために問い合わせておくと失敗がありません。

 

 

 

車を持っている人は車庫証明を忘れずに

車庫証明は、実は必要な地域と不要な地域とがあることをご存じでしょうか都心ではもちろん必要なのですが、一部村などの地域では車庫証明は不要という場合もあります。

 

また、軽自動車とそれ以外でも規定があります

 

軽自動車の保管場所届け出義務が必要な地域と不要な地域がありますので、新しい転居先の住所で確認しておく必要があります。東京や大阪の中心から30キロメートル以内にある市や県庁所在地、人口が10万人以上の市は書庫証明が必要になります。

 

申請書類は都道府県警や警察署のWEBサイトからダウンロードすることが出来るので、あらかじめダウンロードしておくとよいでしょう。

 

自動車保管場所証明申請書、軽自動車の場合だと自動車保管場所届出書、保管場所標章交付申請書、保管場所の所在図・配置図、保管場所の使用権原を疎明する書類が必要になります。

 

自宅と駐車場の住所に相違がある場合は住民票など住所を証明出来る書類を用意しておきましょう。

 

書類の申請は車庫がある住所を管轄する警察署の窓口で行われます。

 

申請手数料がかかりますので、あらかじめお金を用意しておきましょう。

 

書類を提出した後は、3日から7日ぐらいで証明書、証票の交付を受けることが出来ます。

引っ越しをしたら運転免許証と車庫証明の変更手続きを忘れずに

TOPへ