引っ越し先の新居へ荷物を搬入する時の工夫や注意

引っ越しでは荷物の搬出と搬入が大掛かりな作業になります。

 

引越し業者に依頼しておけば、自分の手を煩わせることなく引っ越し先の新居に荷物を運び込むことができるでしょう。

 

もちろん、プロなので手際よく丁寧に行ってくれる安心感はありますが、だからと言って自分で何もしなくていいというわけではありません。スムーズに効率よく且つトラブルなく作業を済ませるためには、自分にもできることがあります。

 

搬入方法を工夫して、また注意点を守って行うようにしましょう。

 

 

引っ越し先の新居へ荷物を搬入する時の工夫や注意

 

効率いい搬入とは

引っ越し先の新居へ荷物を搬入する時の工夫や注意

引っ越しの搬入ではまず大型家具から運び込み、各場所へ設置していきます

 

初めに家具を配置することで生活スペースの確保ができ、後の細かいダンボール類も邪魔にならない場所を選んで運び込むことができるでしょう。

 

ダンボールは使用する場所へ運び込みます。

 

例えば、食器類の段ボールはキッチンへ、衣類の段ボールは寝室などの各部屋へ、靴の段ボールは玄関へなどというようになります。

 

すぐ使うものから荷解きをしていくので、段ボールを積み上げていく時は使うものが上にくるように搬入しなくてはいけません。

 

洗面道具、衣類、カーテン、トイレットペーパー、季節家電などはその日または翌日に直ぐに使用するものなので分かりやすくわけておきましょう。

 

 

 

自分でもできること

効率よく作業を進めるために自分にできることは、部屋のレイアウトを考えておくことと段ボールの中身を把握しておくことです大型家具などは一人では動かせませんし、人手があっても素人が無理に動かそうとすると新居が傷ついてしまいます。そこで、予めレイアウトを考えておいて作業員に配置してもらうことをおすすめします。できれば間取りとレイアウトのメモを用意して渡しておくと、あちこちでバタバタしないで済むでしょう。

 

また、荷物は使用する各場所へ運び込みますが、この時にダンボールの中身が何かわからないと置く場所も決まらず、ただ部屋の中へ積み上げていくことになってしまいます。

 

これでは荷解きも思うようにできません。そこで荷造りをする時にダンボールに中身を記載しておくことは基本中の基本です。

 

 

 

荷物の破損における補償

搬出や搬入の際に引越し業者の責任で荷物が破損してしまった場合は、業者に対して損害賠償を求めることができます

 

その場で破損が確認できたら直ぐに現場責任者に伝えて事故証明書を発行してもらいます。

 

直ぐに賠償はできないので、後日、責任担当者と話し合いながら手続きをおこなうことになるでしょう。

 

補償期間は引っ越し完了から3ヶ月としているので、作業が終了して作業員が引き上げた後でも補償はしてもらえます。

 

ただし、引越し業者に責任がある場合に限っての補償なので、その破損が業者によるものと判断されないと補償はされません。

 

それも踏まえて、大切なものはできるだけ早く荷解きをして確認してください。

 

また、荷物の破損におけるトラブルは少なくないため、大切なものは業者に任せずに自分で運ぶことをおすすめします。

引っ越し先の新居へ荷物を搬入する時の工夫や注意

TOPへ