引っ越しの前日の準備をしておくと作業がスムーズです

引っ越しを計画している人は、5日前から前日までは、新居で必要な物を梱包したり、近隣に挨拶をする必要がありますから、計画的に作業を行う必要があります。

 

新居では、近隣住民に挨拶周りをする必要があるため、タオルや洗濯用石鹸、台所用品などの500円から、1000円前後の商品を購入してある人がほとんどですが、きちんと手渡せるように準備をしておきましょう。

 

近隣に挨拶をするための、品物はきちんとダンボールに梱包して、すぐに中身が分かるように、前日に箱の外側に書いておくとスムーズです。食事をする必要があるので、数日前から計画的に食材を購入して、なるべく余らさないように工夫をしなければなりません。

 

冷蔵庫は中身を入れたまま、運搬はできないですから、事前に掃除をしておく必要があります。

 

 

引っ越しの前日の準備をしておくと作業がスムーズです

 

引っ越しの前日は冷蔵庫の水抜きや霜取りをしておきましょう

引っ越しの前日の準備をしておくと作業がスムーズです

引っ越しの前日は、冷蔵庫の中身を空にして、余った食材は保冷剤などを使って保存をしておくようにして下さい

 

冷蔵庫の水抜きや、霜取りを行う必要がありますが、氷がある場合は、時間が掛かりますから、午前中に行う必要があります。

 

大型の家電は専門業者に運搬をしてもらいますが、水が溜まっていると傾いた時に漏れてしまうため、必ず水抜きをしておきましょう。

 

パソコンやテレビなどの家電は精密機器なので、衝撃などで壊れやすいため、きちんと梱包をしておくようにして下さい。

 

スマートフォンの充電器は、必需品なのですぐにわかる場所に入れておく必要があります

 

最低限の食器や調理器具は直前まで必要ですが、前の日は簡単に調理ができるものやコンビニのお弁当などを食べると良いでしょう。

 

 

 

旧居の掃除をしたり、貴重品はきちんと手元の保管しましょう

引っ越しの前日は、賃貸のアパートやマンションで生活をしている人はきちんと掃除をしていくのは、大切なマナーになっています掃除機を掛けたり、拭き掃除をしてきれいにしておく必要があります。

 

1人暮らしの人は、家族と同様している人に比べると持っていく荷物の量は少ないですが、箱の中身がすぐにわかるように、最終確認をしておきましょう。

 

衣類やトイレットペーパー、ティッシュペーパー、化粧品、髭剃りのシェーバーなどは、新居ですぐ使用する必要があるため、きちんと仕分けをしておくと安心です。

 

現金や預金通帳、印鑑、貴金属、クレジットカードなどの、貴重品はきちんと自分の手元に保管をしておく必要があります。

 

当日は多忙なので、大切なものを紛失しないようにしましょう。

 

 

 

スタッフがスムーズに作業ができるように見取り図を作っておこう

ほとんどの人が引っ越しの専門業者に依頼して、生活用品や家具、家電などを運搬してもらいますが、当日はスタッフがスムーズに作業ができるように、計画を立てておく必要があります

 

新居の見取り図を作っておくようにして、家具を運搬してもらうための配置をスタッフに確認してもらうと、運搬の作業がスムーズになります。

 

若い年代の人は引っ越しは始めての経験の人が多く、戸惑いを感じる場合もありますが、前日の準備を計画的にしておくと安心して作業を行えます。

引っ越しの前日の準備をしておくと作業がスムーズです

TOPへ