引越し業者に下見に来てもらうことの必要性と注意点

引越しを業者に依頼する際に、営業スタッフなどが見積りを兼ねて下見に来ることになる場合があります。

 

家に来るとなると契約も断りにくくなる気もして躊躇してしまう人もいるかもしれませんが、実はこれは重要なことなのです。

 

できればきちんと家に来てもらうほうが望ましいでしょう。

 

 

 

下見はなぜ必要なの?

引越し業者に下見に来てもらうことの必要性と注意点
なぜ下見が必要なのかというと、まずひとつに的確な物量を知ってもらうことができるからです電話だけでは、いざ当日になって思いのほか荷物が多くて追加料金がかかるケースなども見られます。

 

実際に家に来てもらい、運んでもらう家具や電化製品、その他諸々の荷物を見てもらうことで、具体的で的確な見積もりを出すことができるでしょう。

 

さらに荷造りの難しそうな荷物についての質問なども、プロに聞けます。

 

その次に挙げられるのは、建物や周囲道路を把握できる点です。

 

建物の玄関や廊下の幅、階段のカーブの有無などを知ることで、当日の作業がスムーズに行えます。

 

また家の前の道幅も、トラックが停められるかチェックできるでしょう。

 

こうした点を把握できていなければ、当日になって思うように荷物が運べなくなる可能性もあり、その結果作業が難航して長引いてしまいます。

 

特殊な作業方法を取らなければ運べないとなると、突如追加料金がかかってくる場合もあるのです。

 

そうならないためにも、事前に家を見てもらっておくと安心です。

 

 

 

下見の際に注意するべき点

家に来てもらったときに注意しなければいけないのは、まず荷物の確認です

 

処分する物や持って行かない荷物については、運ぶ物ときちんと区別しておくようにしましょう。

 

運ぶ物と運ばない物を一緒に置いておくと、見積り額が変わってきてしまいます。

 

物量が多くなると料金も高くなるので注意しましょう。

 

さらにほとんどの場合、家を見に来るのは旧居のみになります。

 

旧居についての前道幅や玄関間口、廊下幅などは実際に見ることができても、新居については見れません。

 

新居の建物や周辺道路においても、作業するにあたって困りそうな点があれば早めに伝えておくことを忘れないようにしましょう。

 

 

 

下見の際に即決しなければならないの?

下見で不安なのが、引越し業者に来てもらうとその場で即決して契約しなければならないのではという点です

 

相見積もりなどをしてじっくり検討してから返事をするのが賢いので、すぐに契約する必要はありませんが、実際のところ足を運んでもらって見積もりも出してもらったとなると、なかなか断りづらいものでしょう。

 

そこで良い方法として、下見の時間は1時間以内に設定し、ほかの業者が次に見積もりに来ると、伝えておくのです。

 

そうすれば営業の人も長居できず帰ってくれるので安心です。

 

焦って契約してもあまり良いことはありません。

 

慎重に検討して、家族でも相談し、納得のいく信頼できる業者にお願いすることがベストなのです。下見はスタッフの言葉遣いや態度を直接見れる良い機会でもあり、任せても大丈夫な引越し業者であるかどうかを見極めるためにも必要といえるのです。

引越し業者に下見に来てもらうことの必要性と注意点

TOPへ