引越し業者に効率良く新居のレイアウトをしてもらうためのテクニックとは

引越しは荷物を転居先に運搬した後、部屋にそれぞれを置いたところで作業が完了したことになります。

 

けれども実際のところ、客側も荷物の置き場が定かに決まっていないことも多く、バタバタとして荷物をとにかく適当に置いてもらった状態で完了することも多いのです。

 

こうなると、整理整頓や片付けにもよりいっそう時間がかかってしまうものです。

 

できるだけ荷物を効率良くそれぞれの位置に片付けて、早くに快適な新生活をスタートさせるためにも、レイアウトに関する作業は重要といえるでしょう。

 

 

 

間取り図にレイアウトを書き込もう

引越し業者に効率良く新居のレイアウトをしてもらうためのテクニックとは

そこでまず用意しておきたいものが、間取り図を使ったレイアウト表です

 

家の間取り図は契約した不動産でもらったものをコピーしましょう。

 

コピーは2部作り、1枚は引越し業者のスタッフに渡すようにします。

 

そして間取り図におおまかな家具や電化製品などの置き場所を書き込んでいきます

 

赤いペンなどで書くと、見やすいでしょう。こうしたレイアウト表があれば、業者側も着現場にてバタバタせずに荷物を運べて助かるものです。

 

 

引越し業者に効率良く新居のレイアウトをしてもらうためのテクニックとは

 

荷造りの時点でしておきたいレイアウト準備

効率良く荷物を置いていく方法としておすすめが、旧居での荷造りの際にダンボールに置き場所を書き込んでいくやり方です

 

荷造りの際には、新居の部屋を思い浮かべて、それぞれの部屋ごとに荷造りをしていくことがポイントです。例えば新居の寝室用に1箱ダンボールを作り、そこには寝室に置く日用品や小物を詰めていきます。

 

そして荷造りし終えたダンボールは、蓋部分にマジックで、部屋の名前を書いておくのです。「キッチン」「子供部屋」「二階右部屋」などというふうに記していきましょう。そうすると、新居で荷物を運ぶ際に、業者の人もどこへダンボールを置けば良いか分かりやすいものです。

 

またもうひとつの方法として、荷造りしたダンボールに番号を振って、間取り図で作ったレイアウト表にそのダンボールを置く番号を書いておくのも良いでしょう。

 

番号だけでなく、部屋名もきちんと書いておくほうがより分かりやすいです。

 

荷造りの時点でこうした工夫をすれば、新居での作業が効率良く進むでしょう。

 

 

 

大きな家具や電化製品の置き場を決めておこう

引越し業者は一通り荷物を置き終えて作業が終わると、勿論帰ってしまいます

 

例えばベッドや冷蔵庫などの大きくて重い家具や電化製品は、業者が帰ったあとでいざ自分で動かそうと思っても、なかなか重くて大変なものです。

 

後から苦労しないためにも、大きな家具などにおいてはしっかりと置き場所を確定しておきたいものです。

 

間取り図にも大きな家具についてははっきりと置き場を書き込んでおくことが大切ですが、詳細位置を分かりやすくするためには部屋の床に鉛筆で、直接置き場所を記しておくと良いでしょう。

 

家具や電化製品は、置く向きも大切です。

 

四つ脚タイプの家具であれば、脚の位置まで丁寧に床に形取っておけば、業者のスタッフも分かりやすいでしょう。

 

またスタッフにテキパキと指示できるように、自分自身も引越し前に家具の置き場などについては決めておくことが大切です。

 

当日になって何をどこに置くか決められていないようでは、引越し業者も困ってしまいます。

 

事前にレイアウトのイメージをしっかりしておきましょう。

引越し業者に効率良く新居のレイアウトをしてもらうためのテクニックとは

TOPへ