?引越し業者の作業員が壁や床に傷をつけたとき

 

引越しで運び出す荷物はすべてが頑丈なものばかりではありません。食器や精密機械はちょっとした衝動で壊れやすく、一度に大量の荷物を時間内で運び出す引越しでは、どうしても作業員によって家具に傷をつけてしまったり、床におとしてガラス製品や家電製品を壊してしまう可能性があります。建物の2階以上や、部屋が細くて狭いなど、その時々によって状況が異なるため、作業員は常に過酷な状況の中をクリアしていく高度なテクニックが求められます。

 

玄関から荷物を運び出したり、搬入することができればいいのですが、建物の構造上そういうわけにもいかないでしょう。

 

その為、多くの業者では細心の注意を払って「荷物事故ゼロ」を目指し、作業が行われています。

 

 

 

事故が起きてしまった時はどうするのか

引越し業者の作業員が壁や床に傷をつけたとき

どんなに注意をしていても機械が作業を行っているわけではないため、どうしても荷物事故がおきてしまいます

 

作業中に個人の所有物を破損させてしまったときは、すみやかに作業員の責任者を読んで確認をしてもらうか、電話で問い合わせて担当者に相談をすることをおすすめします。

 

荷物の修理や代替品など、各業者によって補償サービスの内容は異なりますが、その場で作業をしているスタッフの一存では「必ず弁償をさせて頂きます」など約束をすることはできません。その為、直接作業員を問い詰めてもあまり意味がなく、どんな状況であったとしても引越しを必ず行わなければなりませんので、まずは作業をすべて終わらせてから事情を説明して、補償サービスの詳細を伺いましょう。

 

早期問題解決のためにも、冷静になって対応をすることが望まれます。

 

 

引越し業者の作業員が壁や床に傷をつけたとき

 

補償制度について

引越しの作業中に床や壁に傷がついたり、荷物事態に破損が生じてしまった時のために、多くの業者では補償制度を設けています

 

修理出来るものであれば、迅速に修理業者へともっていき直してもらう事が可能ですし、ガラス製品など修復をすることが不可能な商品に関しては、時価価格と同じ商品と交換するなどの対応がとられることが多いです。

 

また、場合によってはお金を支払い補償をすることもあります。また、荷物の搬出入の時だけではなく、運搬をしているときに、荷物を紛失してしまうトラブルもあります。

 

紛失したケースで考えられるのは、引っ越し業者のトラックを狙った盗難です。

 

引越し作業中はどうしてもバタバタと複数人がせわしなく移動しているため、こうした盗難被害に遭ってしまうこともあります。

 

万が一、盗まれてしまったときは警察へ届け出ましょう

 

 

 

いつまでに申告する必要があるのか

紛失したり、破損や傷などがあったときは、そのまま放置してしまわないですぐに相談をするようにしましょう

 

時間が経ちすぎてしまうと、搬出入の際にできた傷なのかそれとも、生活の中でついたものなのか判断をすることが難しくなってしまうからです。遅くても3ヵ月以内には申告をするようにしましょう。また、これは引越運送約款でも定められている遵守するべきことなので、申告された会社は1年以内に補償をしなければなりません。

引越し業者の作業員が壁や床に傷をつけたとき

TOPへ