引っ越し1ヶ月前に始めておきたい手続きについて

引越業者を選び、様々な手続きを済まし、荷物整理をして諸々の準備をしてようやく引越当日を迎えられます。

 

やらなくてはならないことがたくさんあるので、段取りを組んで効率よく進めていかなくては後になって面倒なことが残ってしまう可能性があります。

 

目安としては、遅くても引っ越し日の1ヶ月前から動きはじめるのがいいでしょう。

 

スムーズに引っ越しを済ませられるように予めスケジュールを組み、無駄のない作業を行ってください。

 

 

 

引っ越し1ヶ月前に始めておきたい手続きについて

引越業者の選定

大半の方は大手引越業者を利用するかと思いますが、中小業者まで合わせると引越業者の数はしれません

 

同じ内容での引っ越しでも費用は業者ごとに異なるため、損をしたくないのなら利用する引越業者はきちんと選ぶことが大切です。

 

引越業者の選定では、まず見積もりを取る必要があります。1社ずつに見積もり依頼をするのは手間なので、ここでは一括見積もりサイトを利用しましょう。

 

氏名、住所、引っ越し先住所、荷物の量などをメールフォームに一度入力して送信をすると、複数の引越業者から見積もりを出してもらうことができます。

 

各社の見積りが届いたら比較して、安い業者を見つけてみてください。

 

ただし、引越業者の質はピンキリです。

 

一括見積もりサイトに登録されている業者は厳選されているので比較的安全ですが、それでも絶対ではありませんので、口コミなどを参考に業者の評判も確認して決めましょう。

 

 

引っ越し1ヶ月前に始めておきたい手続きについて

荷造りをはじめる

家族が多いほど荷物量も増えるので引っ越しは大掛かりになります荷造りをはじめとして、不要品の処分などもあるので早めに作業を始めるのがいいでしょう。お金をかけずに荷造りするにはスーパーなどで無料の段ボールを貰ってくること、クッション材は新聞紙や雑誌など家にあるもので対処できます。

 

季節ものなど今は使わないものから梱包し、重い物は小さい箱へ、軽い物は大きい箱へ、段ボールに中身を記載しておくのは荷造りの基本です。

 

 

 

しておくべき連絡

1ヶ月前には各所への連絡を済ませておきましょう

 

例えば、大家さんへの退去連絡、転校の連絡、粗大ごみ回収の連絡、インターネット回線への連絡などがあります。

 

賃貸住まいの方は大家さんへ退去する旨を伝えます。

 

退去が決まった時点で連絡すべきですが、解約予告期間はほとんどの賃貸で1か月前までとなっています。

 

ただ、賃貸借契約書によっては予告期間は異なるので事前に確認しておきましょう。

 

お子さんがいる家庭では担任の先生へ連絡します。

 

高校の場合は、転校先の学校に欠員があり編入試験に合格する必要があるので、より早く対応することが大切です。

 

粗大ごみの処分がある場合は自治体へ連絡をします。回収は予約制、2〜4週間に1回なので、早めに予約をしましょう。

 

インターネットを引いている方は契約している回線業者に連絡します回線業者を変更するなら解約ですが、継続するなら解約ではなく移転になります。混み合っていると工事に1ヶ月ほどかかるので早めの連絡が必要です。

引っ越し1ヶ月前に始めておきたい手続きについて

TOPへ